野球

小原大樹(日本製紙石巻)がメジャー挑戦!花巻東では大谷翔平と同期!弟はアナウンサー!

日本製紙石巻小原大樹投手メジャー挑戦を表明!

小原投手はあまり知名度は高くありませんが、花巻東高校の出身の左のサイドスローのピッチャーです。

高校時代は大谷翔平投手と同期で、甲子園にも2度出場しています。

菊池雄星投手、大谷投手に続く花巻東3人目のメジャーリーガー誕生はなるのでしょうか!?

プロフィール

名前:小原 大樹(おばら だいき)
生年月日:1994年9月9日
出身:岩手県滝沢市
身長:180cm
体重:83kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:滝沢第二中学校→花巻東高校→慶應義塾大学→日本製紙石巻

小中学時代

小原投手は小学4年生から上田バンビーズで野球を始めました。

滝沢第二中学時代盛岡北リトルシニアに所属。
※この滝沢第二中学校という名前はどこかで聞いたことがあると思いましたら、小原投手の一つ前の記事に書いた阿部飛雄馬選手(東京大)滝沢第二中学出身でした。

すごい偶然!

滝沢第二中学には優秀な人が多いんですね。
阿部飛雄馬選手についてはこちらを→阿部飛雄馬(東京大)はアニメ好き?箱根駅伝に出場!進路や名前の由来は?

高校時代

中学卒業後は、岩手県の強豪・花巻東高校に進学します。

成長痛などであまり登板できなかった大谷翔平投手に次ぐ準エース(実質エース?)として活躍しました。


甲子園には2年生の夏3年春のセンバツの2度出場。

2年夏の甲子園初戦の帝京高校戦では先発し、伊藤拓郎投手(元・横浜DeNA)と投げ合いましたが、3回1/3を投げ、5失点でKO。

チームも7対8で敗れてしまいました。

大学時代

高校卒業後は慶應大学に進学します。

1年生の春からリリーフで登板。

4年次には先発として春と秋のリーグ戦で1勝ずつ挙げています。

2年次には肘痛で登板できない時期もありましたが、それ以外はコンスタントに登板を続け、大学通算で24試合に登板し2勝3敗という成績を残しました。

社会人時代

大学卒業後は、プロ入りを目指し日本製紙石巻に入社。

社会人では主にリリーフとして活躍しています。


しかし、3年目の2019年もドラフトでの指名はありませんでした。

メジャー挑戦

小原投手は
「プロ野球選手になる夢をかなえるために社会人3年目で線を引かないといけないと思った」
と言います。

当初、国内の独立リーグに入りプロ入りへの最後のチャンスに懸けようとしていました。

しかしそのことを花巻東佐々木監督に相談したところ、
「会社を辞めるリスクを背負えるなら、今後の経験にもなるし、米国に挑戦したらどうか」とアドバイスを受け、それまでなかったアメリカ挑戦への気持ちが強くなりました。

アメリカ挑戦について3年先輩菊池雄星投手からは
「勇気ある決断をバックアップさせてほしい」

同級生大谷投手からも
「通用するか、しないかではなく、自分のスタイルを貫くべき」
との助言を受けています。

プレースタイル

小原投手は貴重な左サイドハンドのピッチャーです。

昨年まではスリークォーターでしたが、プロ入りの可能性を高めるために今年からサイドスローに転向しています。

ストレートの最速は145km/h。

変化球はカットボール、スライダー、チェンジアップ、シュート。

目標の選手は日本ハム・宮西尚生投手楽天・高梨雄平投手。

2人とも小原投手と同じ左のサイドスローのピッチャーですね。

サイドスローに転向する際、高梨投手からは関係者を通じて
「(サイドスローなら)抜ける球でもシュートが生かせる」
とアドバイスをもらっています。

小原投手の3歳下和樹さんも慶應大学で野球をされていました。

大学4年の今年はセカンドのレギュラーとして日本一を達成しています。

兄と同じくプロを目指せるだけに実力を持っている和樹選手ですが、卒業後はアナウンサーに就職することが内定しています。

将来は兄がメジャーで活躍したというニュースを弟が読むこともあるかもしれませんね!

小原和樹選手についてはこちらを→小原和樹(慶應大)はNHKアナウンサーに?大学で日本一を達成!兄についても!

今後の予定

小原投手は今月(2019年12月)いっぱいで日本製紙石巻を退社。

年明けからアメリカで母校の先輩であるマリナーズ・菊池雄星投手と合同自主トレーニングを行います。

そして来年2月にメジャー複数球団の入団テストを受験する予定です。

まとめ

正直、小原投手のメジャーへの道のりは非常に厳しいものがあります。

それでも、慶應卒、日本製紙石巻という安定した道を捨て、挑戦していく精神は素晴らしいと思います。

今後も注目して、応援していきたいですね。