陸上

吉田祐也(青山学院大)は努力と根性の副主将!ついに箱根の出場なるか?進路についても!

青山学院大学・陸上部の吉田祐也選手。
青山学院大学には3年生にも吉田圭太選手という「吉田」姓の選手がいますが、今回は4年生で陸上部長距離ブロックの副主将を務めている吉田祐也選手について!

吉田選手は青学大原晋監督も認めるチーム一の練習の王!
ただし、これまで箱根駅伝への出場はありません。
そう書くと、努力しても報われない残念な選手のように思われるかもしれませんが、3年次全日本大学駅伝では区間賞を獲得するなど結果も残してきている選手です。
大学4年の2020年はようやく箱根への出場もありそうです。

プロフィール

名前:吉田 祐也(よしだ ゆうや)
生年月日:1997年4月23日
出身:埼玉県東松山市
身長:164cm
体重:74kg
経歴:埼玉県東松山市立東中学校→東京農業大学第三高校→青山学院大学

小中学時代

吉田選手がいつ頃から陸上を始めたのかは不明。
小学時代、中学時代ともに大会などで記録を残されていません。

高校時代

高校は東農大三高校に進学。
東農大三高校は吉田選手の地元・埼玉県東松山市にある私立の高校です。
陸上は強く、毎年インターハイに出場する選手を輩出しています。
吉田選手は陸上部に所属していましたが、インターハイの出場経験はなく、全国高校駅伝大会の出場もありませんでした。
なかなか謎の多いミステリアスな選手ですね。
けっこう頑張って調べたんですけれども・・・・。

大学時代

吉田選手が注目されるようになったのは青山学院大学に進学してからです。
持ち前の負けん気を武器に、人一倍の努力を積み重ね、徐々に頭角を現していきました。
そして、3年次の11月に行われた全日本大学駅伝大学三大駅伝(出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝)デビュー!
5区を任されると、いきなり区間賞を獲得する走りで、チームの優勝に貢献しました。


ちなみにこの時、東海大学5区を走っていたのは、吉田選手と同学年で、高校時代から世代ナンバー1と言われてきた鬼塚翔太選手だったんですよね。
鬼塚選手に勝っての区間賞は価値がありますね!

その後、3年次の箱根駅伝への出場はなりませんでしたが、4年次にも全日本大学駅伝大会に出場。
この時も5区を任され、区間3位の成績を残しています。(チームは2位)

その他、個人競技でも大学3年次の9月に行われたインカレでは10000m日本人トップとなる3位に入っています。

進路

吉田選手は大学卒業後、大手菓子メーカーのブルボンに入社されることが内定しています。
ブルボンには陸上部はありませんね。
現役引退ということでしょうか?
ブルボンと青山学院大学の陸上競技部はスポーツドリンク「WINGRAM(ウィングラム)」を共同開発したりするなど仲がいいですね。
おそらくそんな縁もあり、ブルボンへの入社を決意されたのではないでしょうか。

まとめ

これまで箱根駅伝への出場はなかった吉田選手ですが、2020年は出場の可能性が高いです!
これまでの努力をすべてぶつけて、悔いのない走りで有終の美を飾ってほしいですね。