大学野球

渡部健人(桐蔭横浜大)は巨漢ハーフのドラフト候補!体重は?

桐蔭横浜大学のドラフト候補・渡部健人選手。
日本人の父親フィリピン人の母親を持つ渡部選手は身長175cmに対して体重はなんと113kg!
自分と似た体型の西武・山川穂高選手を参考に「全打席本塁打」を狙う強打者です。
大学では1年生から4番を打ち、大学日本代表候補にも選ばれています。

プロフィール

名前:渡部 健人(わたなべ けんと)
生年月日:1998年12月26日
出身:神奈川県横浜市
身長:175cm
体重:113kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:三塁手兼一塁手
経歴:横浜市立上白根中学校→横浜商大高校→日本ウェルネス高校→桐蔭横浜大学

小中学時代

渡部選手は小学1年生から野球を始めました。
中学時代は名門・中本牧シニアに所属し、ショートとしてプレー。
中本牧シニアのチームメイトには慶應大学の新主将・瀬戸西純選手らがいました。

高校時代

中学卒業後は横浜商大高校に進学します。
高校では1年春からベンチ入り。
1年生で夏の神奈川県大会にはセカンドのレギュラーとして出場。
宗佑磨選手(現・オリックス)のいた横浜隼人高校との初戦では、フェンス直撃のツーベースを放ちましたが、チームは3対4サヨナラで敗れています。

転校理由

その後、渡部選手は1年生の2月に日本ウェルネス高校へ転校しています。
転校理由については“家庭の事情”とのことです。

日本ウェルネスでは規定により1年間公式戦に出られませんでした。
出場停止明けの3年春の東京都大会から4番・ショートで出場。

3年夏の東東京都大会では12打数5安打5打点、打率.417、ホームラン2本の活躍で、チームを初のベスト16に導きました。


高校通算25本塁打を記録し、スカウトからも注目されていた渡部選手は 3年秋にプロ野球志望届を提出。
しかし、残念ながら指名漏れに終わり、桐蔭横浜大学へと進学しました。

大学時代

大学では1年春からファーストのレギュラーを獲得。
打順も開幕から4番を任され、31打数8安打6打点、打率.258、ホームラン2本の活躍で優勝に貢献しました。
翌2年春のリーグ戦では32打数14安打10打点、打率.438、ホームラン3本の好成績でファーストのベストナインを獲得しています。

全国大会には1年春3年春全日本大学選手権に出場し、いずれも2回戦敗退に終わっています。

プレースタイル

渡部選手は身長175cm体重113kgの巨漢スラッガーです。
ベンチプレス130kg、スクワット180kg、デットリフト170kgのパワーの持ち主で飛距離が魅力。
大学では3年秋のまでの60試合で48個もの四死球を記録しています。
これは渡部選手の選球眼がいいのもありますが、ピッチャーがまともに勝負してくれないことが多いからです。

大学でのポジションはファースト兼サード
高校時代はショートを守っており、意外に?身軽です。

足も50m6秒3とまずまず。
しかも、
「長距離は苦手ですが、短距離には自信があります。際どいタイミングのときには、チャレンジする。次の塁を狙う姿勢を大事にしています」
積極走塁持ち。

山川穂高

渡部選手がバッティングの参考にしているのは、体形が似ている西武の山川穂高選手です。
特に「山川さんは全打席ホームランを狙っている」
と山川選手の全打席本塁打狙いの気持ちを参考にしています。
元西武トレーニングコーチで、現在は横浜桐蔭大のトレーナーをされている中野達也さんも
「飛距離が出るし、大きくて動ける。山川タイプ」
と渡部選手の才能を認めています。

まとめ

渡部選手が高校3年生でプロ野球志望届を提出した時には
「プロになって父が欲しいと言っていた高級車を買ってあげたい」
と語っていました。
あれからお父さんは新しい車を買ったのでしょうか?
大学4年の次こそ、プロ入りを果たしてお父さんに高級車をプレゼントしてあげてほしいですね。