陸上

中村大聖(駒澤大)は埼玉栄出身で主将として箱根駅伝に臨む!進路についても!

2020年の箱根駅伝での活躍が期待されている駒澤大学の主将・中村大聖選手。
大学3年生までは目立った成績を残していませんでしたが、
大学4年の今年はユニバーシアードハーフマラソンで2位になるなど、学生最後の箱根駅伝に向けて、調子を上げてきています。

プロフィール

名前:中村 大聖(なかむら たいせい)
生年月日:1998年3月28日
出身:埼玉県上尾市
身長:177cm
体重:55kg
経歴:上尾市立東中学校→埼玉栄高校→駒澤大学

高校時代

中村大聖選手は、陸上の名門・埼玉栄高校の出身です。
全国高校駅伝3年連続で出場!
1年時が4区で区間19位、2年時が4区で区間10位、3年時は3区で区間21位という結果を残しています。

高校時代のチームメイトには館澤亨次選手(現・東海大)土方英和選手(現・國學院大)らがいました。
二人とも中村選手と同じくそれぞれの大学でキャプテンを務めています。
この時の埼玉栄はすごいメンバーが集まっていたんですね!

館澤亨次選手についてはこちらを→館澤亨次(東海大)プロフィール!出身中学高校は?成績記録や性格も!
土方英和選手についてはこちらを→土方英和(國學院大)は3年生から主将で出雲駅伝初優勝!進路は?マラソンに挑戦!

大学時代

高校卒業後、中村選手は駒澤大学に進学しました。
大学三大駅伝には2年生の全日本大学駅伝から出場。
全日本大学駅伝では第7区を走り、区間5位。

3年次には
全日本大学駅伝が第6区区間4位、
箱根駅伝が第3区区間5位。

4年次には
出雲駅伝では第6区区間4位、
全日本大学駅伝では1区を走り、区間2位の成績を残しています。

ユニバーシアード日本代表

中村選手は個人種目でも大学3年生の3月に行われた学生ハーフマラソンで2位に入り、ユニバーシアードの代表に選出されました。
初の国際大会となったユニバーシアードでは2位に入り、銀メダルを獲得!
団体でも日本の金メダルにも貢献しています。
ちなみこの時の1位は東洋大学相澤晃選手でした。

二人の「なかむら たいせい」

駒澤大学の同級生には、東北高校出身「中村大成」という同姓同名の選手がいます。
大学4年の時の出雲駅伝では、5区が中村大成選手6区が中村大聖選手という出走順で、「Wなかむらたいせい」の夢の?襷リレーとなり、話題になりました。


同じチームに同姓同名がいると困るのが名前を呼ぶ時です。
監督やチームメイトは、高校名を名前の上に付けて中村大聖選手「栄大聖」中村大成選手「東北大成」と読んでいます。
また、本人同士はお互いを「栄」「東北」と呼び合っているそうです。

中村大成選手についてはこちらを→中村大成(駒澤大)は同姓同名で話題の駅伝ランナー!進路は富士通!

進路

気になる中村選手の今後ですが、卒業後はヤクルトに入社することが決まっています。
ヤクルトは毎年全国実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に出場している強豪チームですね。
駒大陸上部大八木監督がかつて所属していたことから、駒澤大学とは縁の深いチームです。
2017年は主将だった浅石祐史選手、2018年は堀合大輔選手と、毎年のようにヤクルトに入社する選手がいます。

まとめ

中村選手が主将としてチームをまとめ、今年の駒澤大学は出雲駅伝では2位、全日本大学駅伝では3位と好成績を残しています。
最後の箱根駅伝では優勝で飾って、社会人へと進んでいってほしいですね。