社会人野球

平川裕太(鷺宮製作所)は国際武道大出身のドラフト候補!球速も制球力もすごい!

鷺宮製作所のドラフト候補・平川裕太投手。
身長172cmと小柄ですが、最速151km/hを投げる本格派のピッチャーです。
社会人でも1年目から活躍しており、2020年のドラフトでのプロ入りを目指しています。

プロフィール

名前:平川 裕太(ひらかわ ゆうた)
生年月日:1996年6月8日
出身:千葉県船橋市
身長:172cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:船橋市立飯山満小学校→船橋市立芝山中学校→東海大浦安高校→国際武道大学→鷺宮製作所

小中学時代

平川投手は小学生から軟式野球を始めました。
中学時代は、軟式野球部に所属。
中学卒業後は、東海大浦安高校へと進学します。

高校時代

高校では3年春にエースとして千葉県大会準優勝を経験。
続く関東大会でも初戦・東海大相模戦6安打2失点完投勝利を果たしています。
2回戦の樹徳戦では連投となるため先発せず、チームは5回コールド0対11で大敗。

甲子園出場が期待された3年夏の千葉県大会では、準決勝まで進みましたが、東海大望洋5回コールド2対12で敗れ、ベスト4敗退に終わりました。

大学時代

高校卒業後は国際武道大学に進学。
大学では1年時春からリーグ戦に出場します。
3年春のリーグ戦ではリリーフとして、8試合に登板し、21回1/3を無失点に抑える完ぺきなピッチングを見せ、優勝に貢献!
続く全日本大学野球選手権大会でも全4試合に登板し、チーム初の準優勝を達成しました。

4年生からは先発に転向。
5勝0敗、防御率1.035勝1敗、防御率0.67の成績で、2シーズン連続のMVPベストナインを受賞しています。

社会人時代

大学4年次にはプロ野球志望届を提出せず鷺宮製作所に入社。
1年目からリリーフとして登板機会を掴み取ります。
全国大会には夏の都市対抗野球、秋の日本選手権に出場。
日本選手権では2試合にリリーフ登板し、初戦のシティライト岡山戦で勝ち星を記録しました。

プレースタイル

平川投手は身長172cm小柄なプロ注目のピッチャーです。
ストレートの最速は151km/h。
変化球はスライダー、スプリットカーブ、シンカーなど。

とてもコントロールのいいピッチャーで、大学4年次には春夏合わせて89イニング投げ、四死球はわずか9個しか与えていません。
一試合平均1個以下ですね。
先発でこの数字はかなり優秀です。

また、ピンチにも動じないマウンド度胸の良さも持ち味。
鷺宮製作所目良宏監督
「気持ちが強いし、球の質の良さもトップレベル」
と高い信頼を置いています。

まとめ

大学時代スカウトから注目されながらも、プロ野球志望届を提出しなかった平川投手ですが、社会人1年目には
「大卒の同期が結構、プロで活躍していたので刺激になっています。もしプロに入れた時に彼らと差がついていないように、まだまだ成長したい」
と語っており、将来的にはプロに進みたいとい気持ちはあるようです。

社会人2年目の2020年には今年以上の活躍をして、ドラフト上位でプロ入りを果たしてほしいですね。