大学野球

赤尾光祐(東海大札幌キャンパス)は大学日本代表の4番候補!飛距離がすごい!

東海大札幌キャンパスのドラフト候補・赤尾光祐選手。
飛距離が自慢の右の強打者です。
東海大相模時代には、横浜スタジアム電光掲示板直撃の特大のホームランを放ったこともありました。
大学でもさらに成長を見せており、大学日本代表の4番候補にも名前が挙げられています。

プロフィール

名前:赤尾 光祐(あかお こうすけ)
生年月日:1999年2月22日
出身:東京都昭島市
身長:181cm
体重:92kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
家族:両親と兄、姉
経歴:昭島市立光華小学校→東海大菅生中学校→東海大相模高校→東海大札幌キャンパス

小中学時代

赤尾選手は小学1年生から「光華グリーンズ」で軟式野球を始めました。
中学時代は軟式野球部に所属。
中学卒業後は、神奈川県にある東海大相模高校に進学します。

高校時代

高校では1学年上に小笠原慎之介投手(現・中日)、吉田凌投手(現・オリックス)らおり、2年の夏には日本一を経験!
しかし、赤尾選手は背番号18を付け、ベンチ入りはしていたものの神奈川県大会で1試合に出場しただけで、甲子園では出場機会はありませんでした

その後も、2年の秋、3年の夏はともに県大会ベスト8止まりで、甲子園出場はならず。

3年夏の神奈川県大会では背番号19ながら、主に4番・ライトで出場し、20打数9安打7打点、打率.450の成績。
慶應義塾との準々決勝ではチームは8回コールド2対11で敗れましたが、赤尾選手は6回裏の第3打席で、横浜スタジアムバックスクリーン電光掲示板直撃の特大のホームランを放っています。


高校の同期のチームメイトには北村朋也投手(現・国際武道大学)らがいました。

大学時代

高校卒業後は、東海大札幌キャンパスに進学。
大学では
「何とか北海道で頑張って道を切り開きたいと、やってきた」
との言葉どおりのハングリー精神で1年春からレギュラーを獲得。
1年春のリーグ戦では23打数7安打5打点、打率.304、ホームラン3本の好成績で優勝を達成し、個人でも新人賞を受賞しました。

続く全国大会では全4試合で8番・レフトで出場。
14打数3安打4打点、打率.214、ホームラン1本の成績で、チーム初のベスト4入りに貢献しました。


翌2年秋には4番を担い、39打数14安打13打点、打率.359、ホームラン4本の活躍で外野手のベストナインを初受賞。
この活躍により、11月には2年生ながら侍ジャパン大学代表候補強化合宿メンバーに初選出されます。
この合宿ではフリー打撃でさく越えを連発し、視察に訪れたスカウトからも
「一番バットが振れているね」
と高い評価を得ました。

プレースタイル

赤尾選手は身長181cm体重92kgの恵まれた体格を持つ右の強打者です。
大学トップレベルの長打力と、チャンスでの勝負強さが武器。
高校時代には通算28本のホームランを記録しています。
50m6秒5。

まとめ

週刊野球太郎のHPによると、赤尾選手は

長打力が武器の右の大砲。侍ジャパン大学代表の4番候補に挙がる

とのこと。
大学日本代表の4番候補のライバルには、2020年のドラフト1位候補の近畿大学の佐藤輝明選手、3年生で代表の4番を打った中央大学の牧秀悟選手などがいます。

赤尾選手には生まれ故郷から遠い北海道までやってきて、レギュラーをものにしたハングリー精神で、代表でも4番を勝ち取ってほしいですね。
そして、大学日本代表の4番と言う肩書を手にして、プロに進んでいってほしいと思います。