大学野球

佐藤宏樹(慶應大)は山本昌に憧れるイケメンサウスポー!怪我の具合は?

慶應大学のドラフト候補・佐藤宏樹投手。
大学1年の秋に防御率1位を記録したプロ注目のサウスポーです。
その後、2年次は怪我に苦しみましたが、3年春のリーグ戦では復活し、最速151km/hを計測しています。

また、佐藤投手は六大学を代表するイケメンとしても有名です!
大学4年生となる2020年はかなり注目を集めるのではないでしょうか。
早速、佐藤宏樹投手について調べてみました。

プロフィール

名前:佐藤 宏樹(さとう ひろき)
生年月日:1999年2月18日
出身:秋田県大館市
身長:179cm
体重:73kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親と妹
経歴:大館市立桂城小学校→大館市立第一中学校→秋田県立大館鳳鳴高校→慶應義塾大学

小中学時代

佐藤投手は小学4年生から野球を始めました。
中学時代は軟式野球部に所属。

中学卒業後は、地元の大館鳳鳴(おおだてほうめい)高校に進学します。
大館鳳鳴高校は2011年に「21世紀枠」として甲子園に1度だけ出場したことのある高校です。
「Baseball(ベースボール)」「野球(やきゅう)」と訳し、野球殿堂入りを果たしている中馬庚さんが一時期校長を務めていたことでも知られています。

高校時代

高校では1年時夏から控えとしてベンチ入り。
2年秋の新チームからエースの座を獲得。
秋の秋田県大会では、全7試合で先発し、ベスト4入りを果たしています。

3年夏の秋田県大会では初戦でロングリリーフし、7回1失点の好投を見せましたが、味方の援護なく0対2で敗れました。

大学時代

高校卒業後は
「慶早戦(早慶戦)をテレビで見て、自分も慶應大学のユニフォームを着てその舞台で活躍したい」
とAO入試で慶應大学を受験し、見事合格。

1年生で防御率1位

大学では1年時春からリリーフとして出場。
1年秋のリーグ戦では13試合中9試合に登板(先発2、リリーフ7)、合計26回1/3を投げ、42奪三振、防御率1.03(1位)の大活躍で、7季ぶりの優勝に貢献しました。

続く明治神宮大会では体調不良のために登板できず、チームは準々決勝敗退。

2年次には左ひじ痛の影響で、2試合だけの登板に終わりました。
それでも復帰した3年時春のリーグ戦では自己最速の151km/hを記録しています。

プレースタイル

佐藤投手は身長179cm体重73kg細身のサウスポーです。
柔らかい腕の振りから最速151km/hのストレートを投げ込みます。
変化球は縦と横の2種類のスライダー、カーブ、チェンジアップなど。

とても三振を多く獲れるピッチャーで1年秋には奪三振率14.35を記録!
奪三振率14.35はすごいですね!
アウトの半分以上は三振で取っていることになります。
遠投105m。
50m6秒5。

憧れの投手は元中日山本昌さん。

山本昌投手(元中日)を尊敬しています。40歳を超えても野球を続けられているし、肘が曲げ伸ばしできない状態でも、球速を145㌔くらいは出るのに、抑えて130㌔くらいにして、全部腕の振りを同じにして、変化球を投げ分けていました。その投球術というのは僕にはないもので、一番必要なものではないかなと感じています。ただ真っすぐが速くて伸びがあって抑えているだけでは、この先通用しないし、プロに入ったとしても、そこまでっていう所で終わってしまうと思います。でも投球術だったら、歳を取ってもやっていけるというか、自分の球が遅くなっても、そういう所でやっていけるなと思ったので、自分に足りないものをすごく持っている選手だなっていう風に思いました。

KEIO SPORTS PRESS

ただし、好きなプロ野球チームは地元の東北楽天ゴールデンイーグルス

スカウトの評価

オリックス・由田慎太郎スカウト
「左投手で背もあり、球の角度を感じます」

イケメン

佐藤投手は高校時代からイケメンとしても有名でした。

プロでも人気が出そうな選手ですね!

まとめ

佐藤投手は150km/h以上の速球を投げることができながらも、山本昌さんのような投球術を身に付けようとするなんて、さすが慶大生。クレバーな感じがしますね。
プロでも通用するタイプの選手ではないでしょうか。
大学最終年の2020年は、怪我の不安を払しょくするような活躍を見せて、プロに進んでいってほしいですね。