独立リーグ

杉浦健二郎(中大/BC神奈川)は草野球出身のドラフト候補!高校時代はバトミントン部!

中央大学杉浦健二郎投手がBCリーグのトライアウトで150km/hを記録し、早くも2020年ドラフトの隠し玉と話題に!

この杉浦投手はどこがすごいかというと、大学では野球部には所属せず、草野球チームでプレーしている選手なんです。
最近では150km/h出すピッチャーも珍しくなくなってきましたが、まさか、草野球で150km/hを出すピッチャーが現れるとは!驚きですね!

しかも、杉浦選手は高校時代も野球部ではなく、バドミントン部に所属していたそうです。
今年、中日に育成ドラフト1位で指名された松田亘哲投手も高校時代はバレー部だと話題になりましたが、大学では野球をされていました。
松田投手以上のロマンの塊のような選手ですね!

プロフィール

名前:杉浦 健二郎(すぎうら けんじろう)
生年月日:1998年4月10日
出身:神奈川県相模原市
身長:182cm
体重:69kg
投打:右投げ両打ち
ポジション:投手兼外野手
経歴:神奈川県立麻溝台高等学校→中央大学

バドミントン部

中学時代は野球部に所属。
しかし、悩みも多く、進学した麻溝台高校では野球を辞め、バドミントン部に入部しました。
個人戦ダブルス神奈川県大会出場の実績を残しています。

大学時代

高校卒業後は、指定校推薦で中央大学の法学部に進学。
大学では自ら草野球チーム「相模台レイダース」を立ち上げ、ピッチャー兼外野手として週末だけプレーしていました。

日本代表

それでも杉浦投手は右手握力78キロに加え、バドミントンで鍛えた腕の振りが重なり、大学3年次には軟式野球の日本代表に選ばれるまでに成長しました!
2019年の11月16日にはアメリカとの国際試合に出場予定です。
近くだったら絶対に見に行くんですけれども、地方住の私にはちょっと遠いですね。

一応、見に行く人のために試合の詳細を張っておきますね。

日程:11月16日(土)8:00開場
場所:太田スタジアム 〒143-0001東京都大田区東海1丁目2-10
内容:SWBC JAPAN vs インターナショナル(2試合)
第一試合 9:30〜
第二試合 12:30〜

SWBC JAPAN

BCリーグのトライアウト受験

さらに杉浦投手は2019年11月にはBCリーグのトライアウトを受験します。
ここで150km/hを出して注目を集めました。

BC神奈川鈴木尚典監督は杉浦投手について
「面白い投手だと思います」
「アメリカでは、アメフトと野球を一緒にやっている選手もいる。日本でそういう選手が出てきても面白い」

監督がここまで言っているのですから、合格は間違いないでしょうね。

プレースタイル

杉浦投手は身長182cm体重69kgの細身のピッチャーです。
ストレートの最速は150km/h。

投球フォームはWEB動画から学んだ独学だそうです。
「フォームの基本構成は千賀投手です。腕の振りは山本由伸投手、ひじの抜き方は安楽投手をマネして…。組み合わせて、少しそぎ落とした感じです」
変化球はカットボールツーシームなど。
こちらも動画を参考にした完全な独学とのこと。

ゴーグル

杉浦投手はゴーグルがトレードマークです。
大学1年の草野球試合中に自打球で眼窩底を骨折。
「そこからずっと着けるようになりました」

まとめ

杉浦投手はトライアウトで合格すれば、BC神奈川でプレーする予定です。
これまでまともな指導を受けてこなかった杉浦投手。
独立リーグでプレーすることによって、どれだけすごいピッチャーに成長するのか楽しみですね。