社会人野球

森井絃斗(セガサミー)は板野高校出身のドラフト候補!全12球団が注目!

セガサミーのドラフト候補・森井絃斗投手。
身長184cm体重94kgのがっしりした体格の本格派のピッチャーです。
高校時代から最速152km/hストレートを投げ、全12球団のスカウトに注目されていました。
高卒社会人3年目にあたる2020年のドラフトでは1位候補として名前が挙がるはず!
きっと!たぶん!おそらく!できれば!

プロフィール

名前:森井 絃斗(もりい げんと)
生年月日:1999年4月25日
出身:徳島県徳島市
身長:184cm
体重:94kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:徳島市加茂名南小学校→徳島市加茂名中学校→板野高校→セガサミー

小中学時代

森井投手は小学2年生から加茂名ニューファイターズで軟式野球を始めました。
最初のポジションはキャッチャー。
小学6年生からピッチャーに転向しました。
中学時代は徳島中央シニアでプレー。
徳島中央シニアの総監督は広島、阪急で通算93勝を挙げている元プロ野球選手の白石静生さんでした。
「白石さんが投手として必要なことをすべて教えてくれた」
と森井投が言うように、白石総監督の下、めきめきと実力を伸ばし、中学3年生の時には最速132km/hを記録しています。

高校時代

中学卒業後は板野高校に進学。
板野高校は甲子園出場したことも、プロ野球選手も輩出したこともない野球では無名の高校です。
森井投手は1年春からベンチ入りすると、1年夏の徳島県大会では初戦の先発に抜擢!
試合は1対3で敗れたものの、140km/hを計測し、注目を集めました。

2年春の大会の終了後には、右ひじのクリーニング手術を受けます。
そのため、2年夏の徳島県大会には3番・ライトとして出場。

秋の新チームからは主将としてチームを引っ張ります。
また、板野高校・和田哲幸監督
「捕手の目線から冷静さを養ってほしい」
との考えから、2年秋の新人戦と徳島県大会では背番号2を付け、小学校以来となるキャッチャーとしても試合に出場しました。(ピッチャーとしても登板し、秋季大会では自己最速の149km/hを記録)

その後、3年春の徳島県大会では150km/hをマーク。

3年夏の時島県大会では全5試合を一人で投げ抜き、25年ぶりの準優勝に貢献しました。

高校時代からプロ野球全12球団から注目されていた森井投手でしたが、高校3年次にはプロ野球志望届を提出せず、3年後のプロ入りを目標に社会人野球のセガサミーに入社しました。

社会人時代

セガサミーでは1年目から公式戦登板。
4月に行われたJABA岡山大会の大阪ガス戦にリリーフで登板すると、151km/hの速球で1イニングを無失点に抑え、社会人デビューを飾っています。

プレースタイル

森井投手は身長184cm体重94kgの恵まれた体格を持つ本格派のピッチャーです。
ストレートの最速は152km/h。
変化球はスライダー、カーブ、ツーシーム、チェンジアップなど。

スカウトの評価

西武・潮崎哲也編成Gディレクター
「ポテンシャルが高い。来年が楽しみ」

まとめ

森井投手は社会人2年目の2019年は、1年目より登板数を増やすなど順調に実績を積んできています。
来年は主力として活躍し、ぜひドラフト1位でプロ入りを果たしてほしいですね。