大学野球

牧秀悟(中央大)ドラフト1位候補の内野手!プロでも活躍間違いなしの理由とは?

中央大学のドラフト候補・牧秀悟選手。
大学3年生にして、大学日本代表の4番を打つ強打者です。
2020年のドラフトでは早くもドラフト1位候補に名前が挙げられています。

プロフィール

名前:牧 秀悟(まき しゅうご)
生年月日:1998年4月21日
出身:長野県中野市
身長:178cm
体重:81kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ショート兼セカンド。
経歴:中野市立中野小学校→中野市立南宮中学校→松本第一高校→中央大学

小中学時代

牧選手は小学生からキングアニマルズで軟式野球を始めました。
中学時代は、長野若穂シニアでプレー。
3年の春に全国大会出場を経験しています。

高校時代

中学卒業後は松本第一高校に進学。
松本第一は私立高校です。
甲子園出場経験はありませんが、近年で力を付けてきています。
特に牧選手の2学年上には、同校初のプロ野球選手となった百瀬大騎選手(現・横浜DeNA)がおり、ちょうど力を付け始めていた時期でした。

牧選手は高校入学直後からファーストのレギュラーを獲得!
1年春の長野県で準優勝し、北信越大会に進むと、全2試合で3番・ファーストでスタメン出場。
8打数2安打1二塁打の成績を残しました。

1年夏の長野県大会でも全4試合で3番・ファーストで出場し、15打数4安打4打点、打率.267の活躍でベスト8入りに貢献。

2年夏の長野県大会では4番・センターで出場。
2回戦(初戦)の須坂高校戦で2打数0安打に抑えられ、チームも延長10回サヨナラで敗れています。

3年春には3番・ショート県大会初優勝達成!
その勢いのまま甲子園初出場も期待された3年夏の長野県大会では、小諸商業に1対3逆転負けを喫し、まさかの初戦敗退に終わりました。

高校時代からセンスあるショートとしてスカウトから注目されていた牧選手でしたが、高校卒業時にはプロ野球志望届を提出せず中央大学へと進学しました。

大学時代

大学では1年春からショートのレギュラーを獲得します。
2年秋まではショート、3年春からセカンドとして試合に出場。
3年春のリーグ戦で4番を任されると、50打数20安打14打点、2本塁打の活躍で首位打者ベストナインのタイトルを獲得しています。

大学日本代表の4番打者

3年次には大学日本代表に選ばれ、日米大学野球選手権大会に出場。
2戦目までは3番・セカンド、3戦目以降は4番・セカンド(3戦目はファースト)で出場し、優勝に貢献しました。
3年生で大学日本代表の4番を打つというはすごいですね!
大学日本代表の4番打者は、プロでの成功率が非常に高いです
近年ですと
2014年 中村奨吾選手(早稲田大学→ロッテドラフト1位)
2015年 吉田正尚選手(青山学院大学→オリックスドラフト1位)
2016年 大山悠輔選手(白鴎大学→阪神ドラフト1位)
2017年 楠本泰史選手(東北福祉大学→横浜DeNAドラフト8位)
2018年 伊藤裕季也選手(立正大学→横浜DeNAドラフト2位)、頓宮裕真選手(亜細亜大学→オリックスドラフト2位)
ら錚々たるメンバーがいます。
牧選手もプロでの活躍は間違いなし!?

プレースタイル

牧選手は野球センスあふれるプロ注目の内野手です。
主なポジションはショート兼セカンド。
その他、大学日本代表ではファーストとして試合に出場しているほか、高校時代にはセンターとしても試合に出場しています。
バッティングではパンチ力のあるバッティングが魅力の強打者。
3年春のリーグ戦では20本のヒットのうち半分が長打(二塁打7本、三塁打1本、本塁打2本)でした。
憧れの選手は日本ハムの中田翔選手。
遠投105m。
50m6秒5。
高校時代にはピッチャーとして最速140km/hを記録したこともあります。

まとめ

複数のポジションを守れる牧選手ですが、おそらくプロではセカンドがメインポジションになると思われます。
将来は井口資仁さん(現・ロッテ監督)立浪和義さん(元・中日)のように球界を代表する二塁手になってほしいですね。