大学野球

山崎伊織(東海大)は明石商業出身のドラフト1位候補!怪我の具合は?

東海大学のドラフト候補・山崎伊織投手。
最速153km/hのストレートと多彩な変化球が武器の本格派のピッチャーです。
2020年のドラフトでは東洋大学村上頌樹投手早稲田大学早川隆久投手らとともにドラフト1位候補に名前があげられています。

プロフィール

名前:山崎 伊織(やまさき いおり)
生年月日:1998年10月10日
出身:兵庫県明石市
身長:181cm
体重:72kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:明石市立人丸小学校→明石市立大蔵中学校→明石商業高校→東海大学

小中学時代

山崎選手は小学1年生から「人丸ウィングス」で軟式野球を始めました。
中学時代は、「明石ボーイズ」でプレー。
高校時代までは怪我が多く、中学1年時に膝を手術し、3年時には疲労骨折を経験しています。
中学卒業後は、明石商業高校へと進学しました。

高校時代

高校では1年秋からベンチ入り。
2年夏の兵庫県大会では同学年の吉高壮投手(現・日体大)に次ぐ、2番手として3試合に登板します。
3回戦で先発し、被安打4、奪三振9で完封勝ちを収めました。

2年秋の兵庫県大会では優勝、続く近畿大会でもベスト4に入り、翌春のセンバツ出場を決めます。
3年春のセンバツではチームはベスト8入りを果たしましたが、エースの吉高投手が全3試合を完投したために、山崎投手は甲子園のマウンドに立つことはできませんでした。

3年春の兵庫県大会では準々決勝と決勝で完封するなど、2季連続の優勝に貢献!
しかし、その後、右肘を痛めた影響で、続く近畿大会ではベンチ入りはできませんでした。
右肘は夏になっても回復せず、3年夏の兵庫県大会には外野手として出場。
ランニングホームランを放つなど打率.429の活躍で、決勝まで進みます。
市立尼崎との決勝では9回に1イニングだけ登板し、無失点に抑えましたが、チームは2対3で惜しくも敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

大学時代

高校卒業後は、東海大学に進学。
高校時代に痛めた肘が完全ではなく、1年生の11月まではピッチングができませんでした。

リーグ戦には2年春から登板。
上級生に怪我人がでたため先発2番手を任され、3勝0敗、防御率0.68の好成績を残しました。
3年時春には3勝1敗、防御率2.17の活躍で優勝を達成!
個人でもMVPのタイトルを受賞しています。
続く全国大会でも、先発にリリーフに全4試合中3試合に登板。
合計15イニングを投げ、1勝0敗、18奪三振、防御率1.80の好成績でベスト4入りに貢献しました。

大学日本代表

この活躍が認められ、6月には大学日本代表候補合宿に召集されます。
最終日の紅白戦では2イニングを投げ、全て空振りで5者連続三振を奪う好投を見せ、自身初の日本代表に選ばれました。

大学の同期のチームメイトには、小郷賢人投手らがいます。
小郷賢人投手についてはこちらを→小郷賢人(東海大)はアマチュア最速のドラフト候補!兄は楽天小郷裕哉!怪我は?

プレースタイル

山崎投手は身長181cm体重72kg細身の本格派のピッチャーです。
ワインドアップから最速153km/hのストレートを投げ込みます。
変化球はスライダー、カットボール、ツーシーム、スプリット、チェンジアップなど。
遠投105m。
50m6秒0。
憧れの投手は「いろんな球種で抑えられる」からという理由で、日本ハムの金子弌大投手。

まとめ

2020年のドラフトでは、明石商業の後輩である中森俊介投手来田涼斗選手ドラフト1位候補に名前が挙げられています。
山崎投手も怪我にだけは気を付けて、後輩とともにドラフト1位でプロ入りを果たしてほしいですね。