プロ野球

小野寺暖(大阪商業大学→阪神)は母親想いのドラフト候補!会見で見せた涙の理由とは?

阪神から育成ドラフト1位で指名された小野寺暖選手
関西六大学リーグMVP2度も獲得している強打の外野手です。
ドラフト直後の会見では、支配下ではなく、育成だったことに対して、悔し涙を流していました。
なぜ、小野寺選手はそこまで支配下にこだわったのか?
そのあたりについても調べてみました。

プロフィール

名前:小野寺 暖(おのでら だん)
生年月日:1998年3月17日
出身:奈良県奈良市
身長:183cm
体重:82kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
経歴:奈良市立左京小学校→奈良市立平城東中学校→京都翔英高校→大阪商業大学

小中学時代

小野寺選手は小学2年生から奈良リトルで野球を始めました。
中学時代は南都ボーイズでプレー。
中学卒業後は、京都翔英高校に進学します。

高校時代

高校では1年生からベンチ入り。
3年夏の京都大会では全5試合で5番・ライトとして出場し、16打数8安打7打点、打率.500、ホームラン1本の活躍を見せています。
しかし、チームは準々決勝で鳥羽高校8回コールド1対8で敗れて、甲子園出場はなりませんでした。

大学時代

高校卒業後は大阪商業大学に進学します。
大学に入り立ての頃は周りのレベルの高さに圧倒され、野球部を辞めることも考えたそうです。
しかし、大阪商業大学の富山陽一監督から激励され、野球を続けることを決意。
厳しい指導を受けながら成長し、2年秋からリーグ戦に出場します。
3年春のリーグ戦でレフトのレギュラーを獲得すると、37打数15安打18打点、打率.405、2本塁打の大活躍で、ベストナインMVPを受賞しました。

3年秋から5番・ライト、4年春から4番・センターとして出場。
4年春のリーグ戦では38打数19安打7打点、打率.500、2本塁打の成績で首位打者ベストナイン2度目のMVPを獲得しました。

大学の同期のチームメイトには橋本侑樹投手(中日ドラフト2位)、大西広樹投手(ヤクルト4位)らがいます。
橋本侑樹投手についてはこちらを→橋本侑樹(大阪商業大)ドラフト評価や出身中学高校!球速や身長も!

大西広樹投手についてはこちらを→大西広樹(大阪商業大)ドラフト候補の中学高校は?球速や身長体重も!

大学4年の秋にはプロ野球選手届を提出。
阪神から育成ドラフト1位で指名を受けます。
小野寺選手は支配下ではなく、育成だったことに対して、ドラフト直後の会見では悔し涙を見せていました。

母子家庭

小野寺選手は中学時代から母・由子さんに、兄・仁さんとともに女手一つで育てられてきました。
そのため、母を楽にさせるために、どうしても育成ではなく、契約金がもらえる支配下でプロ入りしたい、との想いがあったようです。

プレースタイル

小野寺選手は身長182cm体重82kgの恵まれた体格を持つ強打の外野手です。
俊足強肩で長打力もある走攻守三拍子そろったプレーが魅力。
50m6秒2。
遠投110m。

スカウトの評価

阪神・渡辺亮スカウト
「リストの強さを生かして強い打球を放つ強打の外野手。大商大ではクリーンアップを打つなど安定感のある打撃が売り。4年生の春に首位打者を獲得、リーグMVPも2度獲得するなど実績十分」

まとめ

育成で指名されたことに対して、悔し涙を流せるなんて、プロ向きの性格だと思いますね。
これから、小野寺選手は野球でもっともっと上を目指せるでしょう。
母のためにも少しでも早く支配下に上がってきてほしいですね。