独立リーグ

加藤壮太(埼玉武蔵ヒートベアーズ)はドラフト候補のイケメン外野手!

埼玉武蔵ヒートベアーズのドラフト候補・加藤壮太選手。
身長188cm体重89kgの恵まれた体格を持つ大型外野手です。
高卒で独立リーグ入りし、今年(2019年)で3年目。
これまで課題とされていたバッティングも急成長を見せており、BCリーグの中で“最もNPBに近い野手”と言われています。

プロフィール

名前:加藤 壮太(かとう そうた)
生年月日:1998年4月15日
出身:愛知県春日井市
身長:188cm
体重:89kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
経歴:春日井市立神領小学校→春日井市立南城中学校→中京高校→埼玉武蔵ヒートベアーズ

小中学時代

加藤選手は幼い頃、家族でナゴヤドームに行き
「いつか自分もこの舞台に立ちたい」
と小学3年生から野球を始めました。
中学時代は、瀬戸シニアでプレー。
中学卒業後は、岐阜県にある中京高校(現・中京学院大中京高校、2020年から再び中京高校)に進学します。

高校時代

高校では1年生の時に右膝半月板を痛め、手術を経験。
約1年間のリハビリを経て、2年秋からセンターのレギュラーを獲得します。
3年時夏の岐阜県大会では2番センターで出場し、23打数7安打、打率.306の成績で、4年ぶり6度目となる優勝を達成しました。

続く甲子園では7打数3安打2打点、2回戦の常総学院戦ではタイムリースリーベースを放っています。

高校3年の秋にはプロ野球志望届を提出。
しかし、指名漏れに終わり、独立リーグの埼玉武蔵ヒートベアーズに入団します。

高校の同期のチームメイトには今井順之助選手(現・日本ハム)吉位翔伍選手(現・中京学院大学)らがいました。

独立リーグ時代

武蔵ヒートベアーズでは1年目から公式戦に出場。
初めての木製バットに戸惑い183打数39安打13打点、打率.213、0本塁打の低調な成績に終わりました。
それでも、2年目に233打数57安打19打点、打率.245、1本塁打の成績を残すと、
3年目には258打数80安打35打点、打率.310、7本塁打の好成績を残しています。

この活躍で認められ、リーグ戦終了後にはBCリーグ選抜チーム入りを果たし、プロ交流戦に参加。
巨人三軍との試合では3安打の活躍を見せスカウトから注目集めました。

プレースタイル

加藤選手は身長188cm体重89kg大型外野手です。
独立リーグに入団当初は、打撃が課題と言われていましたが、3年目には打率3割を超えるなど克服してきています。
一番の武器は50m5秒8“足”。
今シーズンは67試合でリーグ4位タイの29盗塁を記録しています。

また、外野守備にも定評があり、武蔵角晃多監督(元ロッテ)
「センターを守っていて、飛球の処理、打球の追い方はBCLの中でも抜けている」
とその能力を高く評価しています。
憧れの野球選手は阪神・糸井嘉男選手。
遠投100m。

イケメン

加藤選手はプレーだけでなく、イケメンぶりでも独立リーグトップレベルだと有名です。
俳優の伊藤英明さんに似ている?との噂も
本人は
「伊藤英明さんに似ているっていうのは、1回だけ言われたことあります」
とのこと。
背も高いし、プロでも人気が出そうですね。

まとめ

加藤選手は昨年のドラフト前にもプロ野球チームからの調査書は届いていましたが、結局指名はありませんでした。
しかし、今年は昨年以上の成績を残しており、今回こそドラフトでの指名がありそうですね。