大学野球

奥山皓太(静岡大)は国立大学所属のイケメン外野手!ドラフトの行方は?

静岡大学のドラフト候補・奥山皓太選手。
国立大学に所属する奥山選手は、50m5秒8、遠投120m高い身体能力を持つ外野手です。
大学入学後に投手から外野手に転向。
3年秋にようやくレギュラーを獲得した遅咲きの選手ですが、プロからの評価も高く大学初のプロ野球選手を目指しています。

プロフィール

名前:奥山 皓太(おくやま こうた)
生年月日:1997年9月3日
出身:山梨県甲府市
身長:186cm
体重:90kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
血液型:A型
家族:両親と姉
経歴:甲府市立西中学校→甲府西高校→静岡大学

小中学時代

奥山選手は野球好きだった父の影響で小学3年生から軟式野球を始めました。
小学高時代には関東大会に出場しているほか、6年生の時には甲府市の陸上競技大会の短距離で優勝したこともあります。
中学時代は軟式野球部に所属。
外野手としてプレーし、小学校時代に続いて関東大会出場を果たしています。
高校進学の際には「文武両道」ができる環境を求め、地元の進学校である甲府西高校に進学しました。

高校時代

高校では1年秋から本格的に投手へ転向。
3年次には最速140km/hを投げるまでに成長し、夏の山梨県大会ではベスト8入りを達成しました。

大学進学の際には東都大学2部や全国大会出場歴のある関甲新学生野球の大学からの勧誘を受けています。
しかし、奥山選手は大学でも文武両道を貫くために、2014年に全日本大学野球選手権に出場している国立の静岡大学を受験し、見事現役で合格を果たしました。

大学時代

大学では高校2年の秋から抱えていた右肘の痛みが悪化し、3年春に外野手に転向しました。
3年秋から外野(ライト兼センター)のレギュラーを獲得すると、打順も3番を任され、44打数14安打2打点、打率.318の好成績を残します。

4年春のリーグ戦では31打数10安打4打点、打率.323と2シーズン続けて結果を残すと、8月にはリーグ選抜として巨人3軍戦に出場。
ここでもヒットを1本放ち、スカウトから注目を集めました。

プレースタイル

奥山選手は身長186cm体重90kg大型外野手。
50m走5秒8、遠投120メートルと、とても高い身体能力を持ち主です。
普段は焼肉屋で時給900円のアルバイトをしながら野球と勉学に励んでいます。

まとめ

奥山選手は身長186cm体重90kgに加え、50m走5秒8、遠投120メートルとスペックだけなら、ドラフト上位候補にも引けをとりません。
唯一の不安は、野手として活躍し始めたのが、3年春からと遅く、実績が少ないことです。
育成なら確実に指名がありそうな気がしますが、国立大学を出てまで育成でプロ入りするのでしょうか?
果たして、ドラフトの結果奥山選手の決断はいかに!?