社会人野球

諸見里匠(日本通運)は社会人屈指の守備力を持つショート!ドラフトの行方は?

今年の社会人内野手では大阪ガス小深田大翔選手が注目を集めていますが、日本通運諸見里匠選手も負けてはいません!
諸見里選手は守備力に定評がある非常に身体能力の高いショートです。
大学4年次には指名漏れを経験しましたが、社会人で力を付けてきており、2019年のドラフトでは有力候補となっています。

プロフィール

名前:諸見里 匠(もろみざと たくみ)
生年月日:1995年6月12日
出身:沖縄県八重瀬町
身長:170cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ショート
経歴:八重瀬町立具志頭小学校→八重瀬町立具志頭中学校→沖縄尚学高校→國學院大学→日本通運

小中学時代

諸見里選手は兄の影響で小学1年生から「具志頭ベースボールクラブ」で軟式野球を始めました。
中学時代は「豊見城ボーイズ」でプレー。
中学卒業後は沖縄尚学高校に進学します。

高校時代

高校では2年生からショートのレギュラーを獲得し、秋からは主将としてチームを引っ張ります。
2年秋の沖縄県大会で準優勝となり、九州大会に進出すると、九州大会では優勝!
翌春のセンバツでは4番ショートとして出場し、敦賀気比岸本淳希投手(元・中日)から3安打を放ちました。
しかし、チームは2対11大敗。

甲子園には3年夏にも出場。
この時は全2試合に1番ショートで出場し、8打数3安打3打点1本塁打の成績を残しています。

高校の同期のチームメイトには與座海人投手(現・埼玉西武)らがいました。

大学時代

高校卒業後は、國學院大学に進学します。
大学では1年春のリーグ戦からベンチ入り、2年春からサードのレギュラーを獲得しました。
2学年上の柴田竜拓選手(現・横浜DeNA)が抜けた3年春からは本職のショートを守ります。
高校時代に続いて主将に就任した4年春のリーグ戦では、53打数15安打5打点、打率.283、1本塁打の活躍でベストナイン受賞しました。

指名漏れ

諸見里選手は大学4年の秋にはプロ野球志望届提出。
一緒に二遊間を組んだ山崎剛選手ドラフト3位楽天に指名されますが、諸見里選手は指名がなく、とても悔しい思いをしました。

「2年後、期待しているぞ」。鳥山泰孝監督(42)から、声を掛けられた。「終わった時は少しウルッと来たけど、まだ終わってないなと。チャンスはまだあるんだと切り替えた」

日刊スポーツ

社会人時代

大学卒業後は2年後のプロ入りを目指して日本通運に入社。
守備力を買われて、1年目からショートのレギュラーを獲得すると、7月の都市対抗野球大会では8打数3安打1打点の好成績を残しました。
2年目には5月に行われたJABAベーブルース杯争奪大会では初優勝に貢献。
個人でも打率.471の活躍で首位打者を受賞しています。

プレースタイル

諸見里選手は身長170cmの小柄なショートです。
遠投114m、50m5秒9の高い身体能力を活かした安定した守備が持ち味。
一方、バッティングは大学時代からやや確実性に課題があると言われてきています。
また、小・中・高・大でキャプテンを務めているリーダーシップも魅力!
ただし、人前で話をするのは得意ではないそうです。

まとめ

大学時代は通算打率.230と打撃が課題といわれていた諸見里選手ですが、社会人2年目のJABAベーブルース杯争奪大会では打率.471の好成績で首位打者を受賞するなど改善されてきています。
今年こそプロ入りを果たしてほしいですね。