甲斐野央(東洋大)の読み方は?ドラフト候補の球速や球種や評価も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

東洋大学の甲斐野央投手。

高校時代からプロに注目されていたピッチャーでしたが、大学では、3年の春のシーズンまで0勝と不本意な成績が続いていました。

しかし、大学3年の秋のシーズンにようやく初勝利を上げると、ついに本来の能力を発揮。
3年秋のシーズンを、5勝1敗 防御率2.06という成績で終え、最優秀投手ベストナインを受賞し、チームの2季連続の優勝に貢献しました。

ちなみに、東洋大学のチームメイトには、同じく2018年のドラフト候補の梅津晃大投手がいます。

 

甲斐野 央(かいの ひろし)
生年月日:年月日
出身:兵庫県西脇市
身長:188cm
体重:75kg
投打:右投げ左打ち
経歴:黒田庄中学校→東洋大姫路→東洋大学

 

中学時代は、軟式野球部に所属。
3年秋には兵庫県代表に選ばれ、KB全国大会で優勝を経験しています。

この時の兵庫県選抜メンバーには、松本航投手(日体大)らがいました。
松本航投手についてはこちらを→松本航(日体大)ドラフト候補の出身中学高校は?

高校は東洋大姫路に進学します。
1年秋からベンチ入り。
バッテイングも得意だったため、1、2年生の頃は背番号3か5を付け、内野手としてクリーンアップも打つこともありました。

高校2年夏の兵庫県予選では、3試合に背番号3で先発し、準優勝を経験しています。

3年春の兵庫県大会からは、エースとして臨み、県3位に。
3年夏は、5回戦の三田松聖戦では、4安打10奪三振完投と好投しますが、チームは0対1の完封負けで甲子園出場はなりませんでした。

高校時代から最速143km/hを出し、阪神やヤクルトなどから注目されていましたが、プロ志望届を提出せず、東洋大学へ進学します。

スポンサードリンク

大学では1年秋からリーグ戦に出場しますが、3年春のシーズンまで未勝利に終わっています。
大学3年の秋のリーグ戦でようやく初勝利。
するとそのシーズン、5勝1敗 防御率2.06という成績を残して、最優秀投手とベストナインに選ばれました。

 

〇選手としての特徴
188cm75kgという恵まれた体格から、最速151km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。
変化球も縦のスライダーカーブツーシームスプリットを投げ、3年秋のシーズンでは、1試合当たり10.29の三振を奪っています。

 

○スカウトの評価
巨人・岡崎スカウト部長
「球に力がある。来年が楽しみ」
「来年間違いなく候補に入る」

楽天・沖原佳典スカウト
「大学生では本格派の甲斐野央、梅津晃大(ともに東洋大)、変化球とキレのいい中村(亜細亜大)が楽しみです」

 

3年の秋のシーズンになって、ようやく本領を発揮し始めた甲斐野央投手ですが、この活躍を続けて行けば、1年後のドラフトでは競合1位クラスの投手になっているのではないでしょうか。

すごく将来が楽しみなピッチャーですので、今後も注目を続けていきたいです。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ