大学野球

村上頌樹(東洋大)は大学ナンバー1ピッチャー!智辯学園では甲子園優勝を経験!

東洋大学のドラフト候補・村上頌樹投手。
智辯学園時代の3年春の選抜では日本一を経験している甲子園優勝投手です。
大学でも順調に活躍を続けていて、“大学ナンバー1ピッチャー”として名前が挙げられるまでになっています。

プロフィール

名前:村上 頌樹(むらかみ しょうき)
生年月日:1998年6月25日
出身:兵庫県南あわじ市
身長:174cm
体重:75kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:南あわじ市立賀集小学校→南あわじ市立南淡中学校→智辯学園高校→東洋大学

小中学時代

村上投手は小学1年生から兄の影響で「賀集少年野球クラブ」で軟式野球を始めました。
小学3年生からピッチャーを始めます。
中学時代は「アイランドホークス」に所属。
中学3年の春と夏にはヤングリーグの全国大会で準優勝を経験しています。
また、連盟の垣根を超えて中学硬式野球日本一を争うジャイアンツカップにも出場しました。

高校時代

中学卒業後は奈良県にある智辯学園に進学。
1年夏の奈良県大会から控え投手としてベンチ入りすると、2学年上の岡本和真選手らの活躍もあり優勝!
続く甲子園ででは初戦の明徳義塾との試合でリリーフで登板し、2/3回を1安打1奪三振無失点に抑えています。

1年秋の新チームからは早くもエースの座を獲得。
1年秋の奈良県大会は準決勝で、2年夏の奈良県大会は2回戦で宿敵・天理高校に敗れています。
それでも2年秋には奈良県大会優勝&近畿大会ベスト8入りを果たし、翌3年春の選抜出場を達成しました。

甲子園優勝

3年春の選抜では、村上投手は全5試合47イニング合計669球を一人で投げ抜き、自責点2、防御率0.38の活躍で、春夏通じて初の甲子園優勝を成し遂げました。

3年夏の奈良大会でも決勝で天理高校を破り、2季連続の甲子園出場を達成!
甲子園では2回戦の鳴門高校戦で河野竜生投手(現・JFE西日本)と投げ合い、2対5で敗れ、春夏連覇はなりませんでした。

高校の時点で最速145km/hを記録し、スカウトからも注目されていた村上投手でしたが、プロ野球志望届を提出せず。
東洋大学に進学しました。

大学時代

大学では1年春からリーグ戦に出場。
5試合(先発3試合、リリーフで2試合)に登板し、2勝0敗、防御率3.66の活躍で新人賞のタイトルを受賞しました。

2年次には2学年上に上茶谷大河投手(現・DeNA)、甲斐野央投手(現・ソフトバンク)、梅津晃大投手(現・中日)がいたために登板機会が減らしましたが、

「梅津さんの取り組む姿勢、上茶谷さんのコースにしっかり決めるところ、甲斐野さんのブルペンの過ごし方など良いところをたくさん学びました」

ヤフーニュース

と糧とし、3人が抜けた3年春からはエースとしてチームを引っ張ります。

3年春のリーグ戦では6勝0敗、防御率0.77の活躍で、MVP、最優秀投手、ベストナインを獲得しました。

9回二死まで完全試合

特に3年春の最終節の亜細亜大学との試合では、9回二死まで完全試合の快投をみせています。
結局、9回二死から四球を与え、完全試合は消滅。
さらに味方の援護なく延長に突入した10回に初ヒットを許し、ノーヒットノーランも消えてしまいました。
しかし、最後は11回に味方がようやく点を取り、1安打完封勝利を収めました。

プレースタイル

村上投手は身長174cm体重75kgとそれほど体は大きくありませんが、コントロール、スタミナ、打者との駆け引きなど、すべてがハイレベルなピッチャーです。
ストレートの最速は大学3年春に記録した149km/h。
スライダー、カーブ、チェンジアップに加え、甲斐野央投手直伝のフォークなど多彩な変化球を操ります。

まとめ

甲子園優勝投手が大学に進学して、ドラフト指名確実というレベルまで順調に成長しているのは久しぶりな気がしますね。
斎藤佑樹投手(早稲田実業→早稲田大学→日本ハム)以来ではないでしょうか。
そんなに背が高くないところも斎藤投手に似ていますね。
村上投手も斎藤投手のようにドラフト1位でプロ入りを果たしてほしいものです。