大学野球

佐藤輝明(近畿大)は2020年ドラフト1位候補の強打者!父もすごすぎる!

近畿大学のドラフト候補・佐藤輝明選手
身長187cm体重92kgの恵まれた体格を持つ佐藤選手は、大学のOBの“糸井嘉男2世”“和製ハーパー”と呼ばれる大学屈指のホームランバッターです。
高校までは無名ながらも大学で才能を開花させ、ホームランを連発!
早くも2020年のドラフト1位は間違いなし!と言われています。

プロフィール

名前:佐藤 輝明(さとう てるあき)
生年月日:1999年3月13日
出身:兵庫県西宮市
身長:187cm
体重:92kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:三塁手兼外野手
経歴:西宮市立甲東小学校→ 西宮市立甲陵中学校→仁川学院高校→近畿大学

小中学時代

佐藤選手は小学1年生から「甲東ブルーサンダース」で野球を始めました。
小学6年時には阪神タイガースジュニアに選ばれ、プロ野球ジュニアトーナメントに出場しています。
しかし、佐藤選手は野球への情熱はそれほどでもなかったそうで、中学時代はシニアのチームではなく、学校の軟式野球部に所属
中学卒業後も“家から近いから”という理由で地元の仁川学院高校に進学しました。

高校時代

佐藤選手が突然やる気になったのは高校に入ってからです。
とりあえず何からやろうかと考え、まずはウェイトトレーニングを始めます。
すると、高校入学時65kgだった体重は高校3年生の時には96kgにまで成長しました!

2年夏の兵庫県大会には全3試合に4番レフトとして出場します。
3回戦の村野工業高校戦では、5打数5安打2打点の大活躍!
しかし、次の4回戦の尼崎工業高校戦では4打数0安打に抑えられ、1対2で敗れてしまいました。
3年夏の兵庫県大会では4番サードで出場。
1回戦で明石清水高校と対戦し、佐藤選手は3打数2安打との結果を残しましたが、チームは5回コールド1対11で敗れています。

大学時代

高校卒業後は、近畿大学に進学。
大学では1年春からレフトのレギュラーを獲得。
打順もクリーンアップを任され、37打数10安打4打点、打率.270の成績を残しています。
1年秋からは4番を任され、3年春までの5シーズンで9本塁打通算打率も3割越えと活躍!
2年秋には3試合連続ホームランを放つ活躍でMVPを受賞しています。

全国大会には1年春2年秋に出場。
2年秋の明治神宮大会では、11打数3安打1打点1本塁打の成績でベスト4入りに貢献しました。

大学2年生の時には日本代表にも選ばれ、日米大学野球ハーレム国際野球大会に出場しています。

プレースタイル

佐藤選手は187cm92kg恵まれた体格を誇る強打者です。
フルスイングから圧倒的な飛距離の打球を飛ばします。

2つ目の動画は2年生の時の明治神宮大会でのホームランですが、全国レベルの大会で逆方向にホームランを打てるのは凄すぎますね!

また、佐藤選手のすばらしいところはただ打つだけの選手ではないというところです。
50m6秒0の俊足に加え、遠投100mの強肩サード外野(レフト・センター)を守ることができます。

好きな選手はメジャーリーグの強打者ブライス・ハーパー選手。

佐藤選手の父・博信さん正力松太郎杯国際学生柔道大会2位に入ったこともある柔道家です。
佐藤選手のお父さんについて調べていたら、Wikipedia佐藤博信 (柔道)と名前があるのを見つけました。
おそらくこの人物だと思われます。
Wikipediaの載るほどの人物なんですね!
ちょっとびっくりしちゃいました。
佐藤選手の並外れたパワーはお父さん譲りなんですね!

そんなすごいお父さんですが、佐藤選手が小学生の時から暇を見つけては球場に訪れ、ビデオで撮影をしてくれているそうです。
「父がオープン戦の時から毎試合、動画を撮ってくれるので、そこでいい時と悪い時を見比べながら、打撃フォームをつくっています」

柔道が強いだけではなく、子煩悩な父親みたいですね。

スカウトの評価

阪神・渡辺スカウト
「今でも関西ではトップクラス。スケールが大きい。(来年の12球団の上位候補になるかと問われ)そうなりますかね」

ヤクルト・阿部健太スカウト
「振れる、飛ばせるというのが彼の魅力なかなかいないタイプ」

広島・鞘師スカウト
「来年は(1位で)競合するかもしれない」

まとめ

どうしてもドラフトになると、投手に比べて、野手の評価は低くなりがちです。
※毎年ドラフトで1位指名されるのはピッチャーが圧倒的に多いですね。
それでも、佐藤選手は十分に1位で指名される実力を持っています!
ぜひ、ドラフト1位でプロ入りを果たして、お父さんのようにWikipediaの載るような選手になってほしいですね。