独立リーグ

永水豪(石川ミリオンスターズ)は石川のシュワちゃん!ドラフト指名は?

石川ミリオンスターズのドラフト候補・永水豪投手
大学までは無名ながらも、独立リーグで才能を開花させた本格派のピッチャーです。
顔がアーノルド・シュワルツェネッガーの若かい頃に似ていることから“石川のシュワちゃん”と呼ばれています。
ターミネーターなみのガッチリした体格スタミナの持ち主で、今シーズンは7試合連続完投を含むシーズン8完投を記録しました。
ちなみに永水投手が一番自信を持っている体の部位は
「人一倍大きなお尻」だそうです。
永水投手を見るときには、ぜひお尻に注目をしてみてください。

プロフィール

名前:永水 豪(ながみず ごう)
生年月日:1995年12月16日
出身:福岡県嘉麻市
身長:180cm
体重:86kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:嘉麻市立稲築東小学校→嘉麻市立稲築東中学校→嘉穂東高校→明星大学→石川ミリオンスターズ

小中学時代

永水投手は小学2年生から野球を始めました。
中学時代はボーイズリーグに所属。
サードを守り、3年生の時に九州大会に出場しています。
中学卒業後は地元の嘉穂東高校に進学しました。

高校時代

永水投手が本格的にピッチャーを始めたのは高校2年の秋からです。
3年夏の福岡県大会では3回戦で先発しましたが、久保拓眞投手(現・ヤクルト)のいた自由ケ丘2対3で敗れています。

大学時代

高校卒業後は明星大学に進学。
大学時代は特記するほどの成績は残していません。
3年時秋までの6シーズンを首都リーグの2部で過ごし、4年春、秋だけ1部リーグを経験しています。
4年春の時点では、大学卒業後は社会人で野球を続けたいと考えていた永水投手でしたが、周りに相談した結果、1年目からプロ入りできる可能性のある独立リーグでプレーすることを決断しました。

独立リーグ時代

石川ミリオンスターズでは1年目からリーグ戦に出場。
新人ながら先発の一角として起用され、入団1年目の2018年はチーム最多の9勝(5敗)をマークしました。
コンディショニングを維持するコツをつかんだ2年目には、さらに成績をアップさせます。
7試合連続完投を含むシーズン8完投(うち5完封)、11勝5敗、防御率2.21の好成績を残しました。

プレースタイル

永水投手は身長180cm体重86kgの均整の取れた体格から最速148km/hのストレート投げるピッチャーです。
変化球はスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、シュートなど。
石川ミリオンスターズの武田勝監督からは
「(スタミナと回復力)その両方がズバ抜けている。それとピッチャーとしての立ち居振る舞い、ゲームの中での駆け引き、そういうのができるようになったのが大きい」
と高く評価されています。
また、永水投手はコントロールにも自信を持っていて
「やっぱりウリはコントロールかなって自分の中では思っている」

遠投110m、50m6秒2。

まとめ

永水投手のようなピッチャーを見ていると、本当に独立リーグがあってよかったと感じます。
独立リーグがなければ、才能を埋もらせたままだったかもしれません。
何とか今年こそプロ入りを果たしてほしいですね。