野球

小藤翼(早稲田大)は日大三出身の強肩キャッチャー!ドラフトの行方は?

早稲田大学のドラフト候補・小藤翼選手。
元プロ野球選手の小宮山悟監督からの信頼も厚い強肩強打のキャッチャーです。
すでにプロ野球志望届を提出済で、大卒でのプロ入りを目指しています。

プロフィール

名前:小藤 翼(こふじ つばさ)
生年月日:1997年8月6日
出身:栃木県栃木市
身長:182cm
体重:81kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:キャッチャー
好きな芸能人:西野七瀬
経歴:栃木市立栃木第五小学校→栃木市立栃木西中学校→日大三高校→早稲田大学

小中学時代

小藤選手は小学2年生から軟式野球を始めました。
中学時代は「小山ボーイズ」キャッチャーとしてプレー。
中学3年生の春には全国大会にも出場しています。
中学卒業後は、東京にある日大三高校に進学しました。

高校時代

高校では1年秋からベンチ入り
1年秋の東京都大会では背番号13ながら全5試合にスタメン出場し、16打数6安打3打点、打率.375の活躍でベスト4入りに貢献しました。

2年夏の西東京都大会では準決勝敗退。

2年秋の東京都大会では早稲田実業に3対10で敗れ、1回戦敗退。

3年春の東京都大会では6試合で5本のホームランを打つ大活躍で優勝を達成!
続く関東大会では初戦(2回戦)で作新学院に6対11で敗れています。

3年夏の西東京大会は準決勝で早稲田実業0対2で敗れ、甲子園出場はならず。

高校時代から強肩強打のキャッチャーとして注目されていた小藤選手でしたが、高校3年次にはプロ志望届を提出せず、早稲田大学へと進学しました。

大学時代

大学では1年秋からリーグ戦に出場。
14試合中13試合でスタメン出場し、40打数13安打8打点、打率.325の好成績を残しています。
しかし、その後2、3年生の時はベンチを温めることが多くなります。
それでも、新しく就任した小宮山監督によって、正捕手に抜擢されると、4年春のリーグ戦では52打数16安打2打点、打率.308の活躍でベストナインを受賞しました。

大学の同期のチームメイトには加藤雅樹選手、檜村篤史選手、福岡高輝選手らがいます。
加藤雅樹選手についてはこちらを→加藤雅樹(早稲田)イケメンのドラフト候補!宮上かれんが彼女?
檜村篤史選手についてはこちらを→檜村篤史(早稲田大)ドラフト候補の出身中学高校や身長体重は?

プレースタイル

小藤選手は身長182cm体重81kgの恵まれた体格を持つ強肩強打のキャッチャーです。
遠投110mの強肩が一番の武器。
高校時代から二塁送球は1秒80を記録し、同学年のオコエ瑠偉選手(当時・関東第一)の盗塁を刺したこともありました。
50m6秒2。 

まとめ

小藤選手は大学では2年生から3年生から活躍できない時期もありました。
それでも、4年春に藤野隼大選手(立教大学)、郡司裕也選手(慶應大学)らプロ注目のキャッチャーを押しのけて、ベストナインに選ばれた実力は本物です!
何とかプロ入りを果たしてほしいですね。