野球

内沢航大(JR北海道硬式野球クラブ)は法政大出身の大型投手!高校時代の成績や身長は?

JR北海道硬式野球クラブのドラフト候補・内沢航大投手

195cmの長身から最速147km/hのストレートを投げる大型ピッチャーです。

高校時代から将来性を高く評価され、複数のプロ野球チームから注目されていました。

内沢航大のプロフィール

名前:内沢 航大(うちさわ こうた)
生年月日:1997年9月19日
出身:青森県おいらせ町
身長:195cm
体重:92kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:おいらせ町立木内々小学校→おいらせ町立下田中学校→八戸工大一高校→法政大学→JR北海道硬式野球クラブ

内沢航大の小中学時代

内沢投手はバレーボールをしていた両親のもとに生まれ、中学卒業時ですでに193cmもあったそうです。

小学3年生からら軟式野球を始めると、中学時代は軟式野球部でプレー。

中学卒業後は、八戸工大一高校に進学します。

内沢航大の高校時代

高校では1年生からベンチ入り。

2年生の春からエースナンバーの背番号1を付け、チームを引っ張ります。

2年春の青森県大会では準優勝を果たし、東北大会に出場

東北大会では初戦の大曲高校戦で先発しましたが、6回途中11失点でKOされ、6回コールド4対20で敗れています。

2年夏の青森県大会では2回戦の五所川原農林戦で16奪三振を記録しましたが、準々決勝で敗退

2年秋は青森県3位となり、東北大会出場。

東北大会では初戦で米沢中央と対戦し、7対6でサヨナラ勝ち

続く2回戦では日大東北6回コールド0対10で敗れています。

3年夏の青森県大会では 準々決勝で八戸学院光星1対6で敗れ、ベスト8

高校の1学年下には種市篤暉投手(現・ロッテ)がいました。

内沢航大の大学時代

高校卒業後は、法政大学に進学します。

大学では1年春からベンチ入り。

1年秋の東大戦では6回を投げ、被安打3、奪三振7、無失点の好投で初先発初勝利を果たしました。

4年春までの7シーズンで、20試合に登板。
2勝2敗、防御率4.06残しています。

大学の同期のチームメイトには福田光輝選手、安本竜二選手、宇草孔基選手、舩曳海選手らがいます。

福田光輝選手についてはこちらを→福田光輝(法政大)は大阪桐蔭出身のドラフト候補!元ヤンキー?

安本竜二選手についてはこちらを→安本竜二(法政大)ドラフト候補の中学高校や身長体重は?パンチ力が魅力!

宇草孔基選手についてはこちらを→宇草孔基(法政大)ドラフト候補の出身中学高校は?俊足が魅力!

舩曳海選手についてはこちらを→舩曳海(法政大)がイケメン!ドラフト評価や叔父/兄は?中学高校も!

内沢航大のプレースタイル

内沢投手は身長195cmのプロ注目の大型ピッチャーです。

セットから最速147km/hの角度のあるボールを投げ込みます。

変化球はスライダー、カーブ、フォークボールなど。

内沢航大のまとめ

内沢投手は大学で成績はあまりよくはありません。

それでも、高校時代から
「大学へ行くより、プロで徹底して鍛えたほうが伸びるタイプのように見えます」
by広島・苑田聡彦スカウト部長
と言われていましたから、プロのトレーニングとコーチを受ければ、まだまだ伸びていくピッチャーだと思います。

何とかプロ入りを果たしてほしいですね!