独立リーグ

松岡洸希(埼玉武蔵ヒートベアーズ)は高卒1年目のサイドスロー!

埼玉武蔵ヒートベアーズのドラフト候補・松岡洸希投手
最速147km/hを投げるサイドスローのピッチャーです。
高卒1年目でまだ19歳と非常に若く、しかも、ピッチャーを始めたのは高校3年生から、サイドスローに転向したのは独立リーグに入ってから。
しかし、早くもドラフト候補に名前が挙がっています!
かなり期待されている投手みたいですね。
早速、どんな選手なのか詳しく調べてみました。

プロフィール

名前:松岡 洸希(まつおか こうき)
生年月日:2000年8月31日
出身:埼玉県桶川市
身長:179cm
体重:83kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:桶川市立朝日小学校→桶川市立桶川中学校→桶川西高校→埼玉武蔵ヒートベアーズ

小中学時代

松岡投手は小学1年生から野球を始めました。
きっかけはメジャーに渡る前の青木宣親選手のプレーを見たことでした。

「ヤクルト対巨人のチケットをお父さんが持って帰ってきて、神宮球場で青木選手が活躍してるのを見た」。
目に映ったそのかっこよさは鮮烈で、野球がしたいと思い、すぐに地元のチームに入ったという。

まるで林昌勇(イムチャンヨン)!武蔵のサイドスロー・松岡洸希の奪三振率に注目

中学時代は内野手としてプレーした後、高校は地元の桶川西高校に進学。
理由は、「家から近いから(笑)」
当時の松岡投手は身長154cmしかなく、強豪校に行ってもレギュラーになれないとの考えもあったそうです。

高校時代

高校では1年生から控えとしてベンチ入り。
2年夏からサードのレギュラーを獲得、打順も4番を任されます。
3年春からチーム事情によりピッチャーにも挑戦。
3年夏の北埼玉大会には4番打者として出場します。
初戦でいきなり優勝した花咲徳栄と対戦し、7回コールド1対10で敗戦。
敗れはしたものの松岡投手は、打者として先制タイムリーを含む3安打1打点、ピッチャーとしてはリリーフで3回1/3を投げ、3失点という成績を残しています。

独立リーグ時代

高校卒業後は、BCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズに入団。
ここではピッチャーに専念します。
また片山博視コーチ(元東北楽天ゴールデンイーグルス)の勧めで、サイドスローに転向しました。

独立リーグでは1年目から公式戦に出場。
高卒1年目ということで長いイニングを投げさせないチーム方針により、リリーフとして32試合に登板し、0勝2敗、防御率3.58という成績を残しています。

プレースタイル

松岡投手は最速147km/hを投げるプロ注目サイドスローのピッチャーです。
変化球はスライダー、カーブ、カットボール、フォーク、ツーシームなど。
遠投105m。
50m6秒3。
理想の投手はヤクルトにいた林昌勇投手
投球フォームをビデオで研究して、真似ています。
武蔵の角晃多監督によると
「高卒1年目。粗削りだが、素材だけは面白い存在」

スカウトの評価

プロスカウト
「テークバックでどれだけ(下半身に)ためをつくって、腕を振れるか。1年たってがらっと変わる選手もいる」

まとめ

松岡投手はピッチャーを始めて2年目、サイドに転向して半年足らずで、まだまだ伸びしろ十分なピッチャーです。
高卒1年目でプロ入りなるのか!?ドラフトが楽しみですね。