大学野球

松田亘哲(名古屋大)は高校時代バレー部で日向坂46渡辺美穂ファン!

名古屋大学のドラフト候補・松田亘哲投手
国立大学の難関・名古屋大学に所属する松田投手は、最速148km/hを投げるサウスポーです。
国立大学の左投手で148km/hを投げられるだけでも十分すごいのですが、高校時代はバレー部で、硬球を握ったのは大学から、というのですからさらに驚きですね!
東京大学出身の宮台康平投手(現日本ハム)や京都大学出身の田中英祐投手(元ロッテ)に続く、新たな“国立の星”として期待されています。

プロフィール

名前:松田 亘哲(まつだ ひろあき)
生年月日:1997年5月16日
出身:愛知県岩倉市
身長:176cm
体重:83kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:江南高校→名古屋大学

小中学時代

松田投手は小学1年生から軟式野球を始めました。
中学時代は「小牧JHBC」でプレー。
当時の松田は身長150cm前後で、中学校ではクラスで2番目に小さかったそうです。
また、同じチームに身長が高くて力のあるピッチャーが2人いたこともあり、松田は3番手で、試合には主に外野で出ていました。
2年生の時には愛知県大会の決勝まで進出しています。
しかし、3年生の時は愛知県大会の初戦敗退でした。

高校時代

中学卒業後は江南高校に進学します。

「そのとき(中学時代)も『体が小さい割に球は速い』って言われてたんですけど、僕自身は『体格の差があるからしょうがない』と言いわけしてました」。そうしたモヤモヤもあり、「野球はもういいかな」

と思うようになっていた松田投手は、高校では中学時代の野球仲間に誘われるままバレー部に入部
バレー部ではリベロを務めていました。
リベロはレシーブ専門に特化したポジションです。
背が低くて野球を辞めた人が、なぜ、もっと身長が必要そうなバレーに!?と最初は思っていましたが、リベロなら背が低くても大丈夫ですね!

高校3年間バレー部で活躍した松田投手でしたが、バレー部を引退し、受験勉強に専念するようになると、再び野球がしたい!という想いが湧き上がってきました。
その頃には身長175cmまで伸びていたこともあり、名古屋大学の経済学部経済学科に現役合格すると、硬式野球部に入部しました。

大学時代

大学では1年秋からリリーフとしてリーグ戦に出場。
2年秋から主に先発としてチームを引っ張ります。
先発3試合目の2年秋・同朋大学2回戦で6安打4対0初完投初完封勝利を記録しました。
球速は1年生の時は最速で120km/hでしたが、2年生の秋には140km/hを投げ、4年春には148km/hまでも出せるようになっています。

プレースタイル

松田投手は最速148km/hを投げるサウスポーです。
変化球はスライダー、カーブなど
本人いわく
「技術オタク。とことんやるタイプ」
とのことで、理にかなったフォームや配球を学ぶため本を読み、動画サイトでは米メジャー、ドジャースのエース左腕・カーショーらの映像を見て、研究しています。
このあたりは、さすが国立大学生、といった感じですね!

眼鏡

松田投手は、黒縁メガネがトレードマーク。
練習中、投げた勢いでメガネを落としてしまうこともあるそうです。
だったら、コンタクトにしたらいいではないかと思うかもしれませんが、そこは名大生。
「名大でメガネだったら、頭よさそうに見えるかなって。そんなヤツが速い球を投げてたら『えっ!』ってなるじゃないですか。自分、野球うまそうな顔をしてないなって思うんですけど、それならあえてメガネをした方がギャップがあって印象に残るかなって。『すごいな、あのメガネのピッチャー』って思ってもらえたらいいかな」
セルフプロデュースの能力もばっちりですね!
ちなみに、試合中は滑り止めのバンドをつけるため、投げるたびにメガネが落ちることはないそうです。

スカウトの評価

日本ハム・熊崎誠也スカウト
「きちっと腕が振れるのがまず良い。僕のスピードガンでも140キロ台中盤まで出た。バレー部だったことが悪いほうには出ていない。投げる球の一球一球は良くなっている」

阪神・筒井スカウト
「スピンのきいた真っすぐ。他にいないタイプ」

まとめ

松田投手はアイドルグループ・日向坂46の渡辺美穂さんの熱烈なファンで、握手会などにも参加しています。
元・カントリー娘。の里田まいさんと結婚した田中将大投手(現ニューヨーク・ヤンキース)元モーニング娘。の紺野あさ美さんと結婚した杉浦稔大投手(現ヤクルト)などアイドルと結婚した野球選手はいっぱいいますので、松田投手もアイドルと仲良くなれるぐらいプロでいっぱい活躍してほしいですね。