野球

佐藤直樹(JR西日本)は報徳学園出身の外野手!ドラフトでは広島入り?

JR西日本のドラフト候補・佐藤直樹選手。

強肩・強打・俊足3拍子そろった外野手です。

今年の都市対抗野球大会では、勝負強いバッティングで大会優秀選手に選ばれる活躍を見せていました。

また、佐藤選手は高卒社会人3年目と若く、まだまだ伸びシロも十分なところも魅力です。

プロフィール

名前:佐藤 直樹(さとう なおき)
生年月日:1998年9月3日
出身:兵庫県神戸市
身長:178cm
体重:85kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
経歴:報徳学園中学校→報徳学園高校→JR西日本

高校時代

佐藤選手は報徳学園中学校を経て、報徳学園高校に進学しました。

高校では1年生からベンチ入り。

2年時秋の新チームからライトのレギュラーを獲得します。

3年夏の兵庫県大会には3番・ライトで出場。

初戦で才木浩人投手(現・阪神)のいた須磨翔風高校と対戦。

佐藤選手は才木投手から、ホームランスリーベースの2本の長打を放って勝利に貢献しました。

準々決勝では優勝した市立尼崎に0対1で敗れ、ベスト8に終わっています。

高校の同期のチームメイトには主島大虎投手(現・Honda鈴鹿)がいたほか、2学年下には小園海斗選手(現・広島)がいました。

小園選手とは今も一緒に食事に行く仲で
「だいぶ刺激になっています。自分も夢はそこ (プロ) に行きたいという気持ち」
とのコメントを残されています。

社会人時代

高校卒業後はJR西日本に入社。

1年目から公式戦に出場し、2年目から外野のレギュラーを獲得します。

2年目の都市対抗野球大会では9番ライトで出場。

8打数1安打と結果を残せませんでしたが、ベスト8入りを果たしています。

また、8月に行われた社会人野球広島大会では最高殊勲選手に輝く活躍で、創部初優勝を達成しました。

入社3年目からはクリーンナップを任されるようになります。

3年目の都市対抗野球大会では、JFE西日本の補強選手として3番・センターとして出場。

13打数6安打3打点の好成績、特に得点圏では打率.444を記録し、大会優秀選手として表彰されています。

プレースタイル

佐藤選手は走・攻・守の3拍子そろった外野手です。

調子に波があるものの、フルスイングから広角に鋭い打球を放ちます。

遠投120mの強肩で、高校時代にはキャッチャーとしてもプレーしていました。

50m5秒8。

目標とする選手は広島東洋カープの鈴木誠也選手。

スカウトの評価

中日・野本スカウト
「打撃の波はあるもの。それよりも肩と足を評価している。肩は抜群にいい」

?スカウト
「着実な成長もさることながら、得点圏打率.444が示すように、勝負どころで見せる集中力が大きな魅力」

まとめ

佐藤選手は今年の社会人野球の選手の中では非常に評価の高い選手です。

かなり高い確率で指名があるのではないでしょうか。

特に、丸佳浩選手が抜け、さらに数年後には鈴木誠也選手も抜けそうな広島は指名の可能性が高い気がします。

現在、所属するJR西日本広島市に本拠地を置くチームですし、広島には高校の後輩の小園選手もいますし、佐藤選手にとっても広島はいいチームだと思いますね。

どのチームに入団するにせよ、一年目から一軍で活躍してほしいものです。

また、それだけの実力を持っている選手だと思います。