大学野球

金子莉久(白鴎大)は大学ナンバー1の超俊足ドラフト候補!名前の読みは?

 

白鴎大学のドラフト候補・金子莉久選手。
今年の大学生の中で一番足が速いと言われている外野手です。
大学では3年秋までの6シーズンで49個もの盗塁を決めています。

プロフィール

名前:金子 莉久(かねこ りく)
出身:栃木県日光市
身長:165cm
体重:65kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
経歴:日光市立東中学校→國學院大學栃木高校→白鴎大学

中学時代

中学時代、金子選手は宇都宮スターボーイズ(現・県央宇都宮ボーイズ)に所属。
卒業後は國學院大學栃木高校に進学します。
國學院大學栃木は春4回、夏1回の甲子園出場している強豪校です。
OBには元プロ野球選手の小関竜也選手渡辺俊介投手らがいます。

高校時代

高校では1年生からセンターのレギュラーを獲得。
持ち前のスピードを活かし、主に1番打者として活躍し、3年春の栃木県大会で準優勝関東大会でもベスト8入りを果たしています。
3年夏の栃木県県大会には全6試合に1番・センターで出場。
20打数6安打1打点、打率.300、盗塁3の活躍で、2季連続の準優勝を経験しました。
高校卒業後は、白鴎大学に進学します。

大学時代

大学では1年春からセンターのレギュラーを獲得。
3年春から1番打者を任されると、47打数19安打8打点、打率.404、盗塁14の好成績で、11季ぶりのリーグ優勝に貢献!
個人でも首位打者盗塁王ベストナインを受賞しています。
続く全国大会では、全2試合に1番・センターとして出場し、7打数2安打、打率.286、盗塁4を記録しました。
初戦の中京大学戦では2安打&3盗塁の活躍!
しかし、金子選手はこの成績にも完全には満足しおらず
「1番の仕事ができた。盗塁はいつも自分の判断で行けと言われている。奈良学園大の選手(米満凪)が(大会タイ記録の)4盗塁していたので、5個を狙った。今日は3個だったけど、また狙います」
金子選手はかなり足に自信を持っているようですね!
貪欲に盗塁を狙うメンタリティはプロ向きだと思います。

大学の同期のチームメイトには金子莉久選手と同じくプロ注目の大下誠一郎選手、ラミレス・レンソ選手、中村伊吹投手らがいます。
大下誠一郎(白鴎大)は2年生から主将を務める強打者!彼女についても!
ラミレスレンソ(白鴎大)はペルー国籍のドラフト候補!父は元サッカー選手!
中村伊吹(白鴎大)はマウンド度胸抜群のサウスポー!ホークスが注目!

プレースタイル

金子選手は身長165cmの小柄な外野手です。
50m5秒7のスピードが最大の武器。
盗塁技術も高く、大学では3年秋までの6シーズンで49個の盗塁を記録しています。
また、俊足を活かした非常に広い守備範囲もセールスポイントの一つです。

まとめ

金子選手は、赤星憲広選手(元・阪神)、岡田幸文選手(元・ロッテ)、鈴木尚広選手(元・巨人)のような足のスペシャリストになれる選手です。
ぜひ、プロ入りして盗塁王を狙ってほしいですね。