大学野球

中村伊吹(白鴎大)はマウンド度胸抜群のサウスポー!ホークスが注目!

白鴎大学のドラフト候補・中村伊吹投手。
高校時代から地元・ホークスをはじめ複数のプロ野球のチームから注目されていたサウスポー投手です。
大学では球速もアップし、さらに成長をみせています。

プロフィール

名前:中村 伊吹(なかむら いぶき)
生年月日:1997年11月16日
出身:福岡県北九州市
身長:180cm
体重:72kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:北九州市立花尾中学校→星琳高校→白鴎大学

小中学時代

中村投手は小学1年生からソフトボールを始めました。
中学時代は、軟式野球部でピッチャーとしてプレー。
卒業後は、地元の星琳高校へ進学します。
星琳高校は私立の高校です。
元々、女子校で2002年から共学になりました。
野球はあまり強くありません。

高校時代

高校では1年生からベンチ入り。
2年夏の福岡県大会では、エースとして全4試合に先発。
25イニング連続無失点の好投を見せ、創部初となる5回戦進出(ベスト16)を果たしました。
5回戦の筑陽高校戦で5回まで無失点に抑えましたが、6回と7回に打ち込まれ7回コールド1対8で敗れています。

3年夏の福岡県大会では2年連続のベスト16入り。
5回戦の朝倉高校戦では5回7安打1失点の成績を残しましたが、リリーフした平城圭悟投手(現・嘉麻市バーニングヒーローズ)が打たれ、逆転サヨナラ負けを喫しました。

高校時代から最速144km/hを投げる左投手として地元・ホークスらプロ10球団から注目をされていた中村投手でしたが、高校卒業時にはプロ志望届を提出せず。
栃木県にある白鴎大学に進学しました。

大学時代

大学では1年春からベンチ入り。
3年春にリーグトップとなる防御率0.38の活躍で11季ぶりの優勝に貢献。
続く全国大会でも全2試合にリリーフとして登板し、8回2/3を投げ、1失点、9奪三振の好投を見せました。

大学の同期のチームメイトには中村伊吹投手と同じくプロ注目の大下誠一郎選手ラミレス・レンソ選手金子莉久選手らがいます。
大下誠一郎(白鴎大)は2年生から主将を務める強打者!彼女についても!
ラミレスレンソ(白鴎大)はペルー国籍のドラフト候補!父は元サッカー選手!
金子莉久(白鴎大)は大学ナンバー1の超俊足ドラフト候補!名前の読みは?

プレースタイル

中村投手は身長180cm体重72kgの細身のサウスポーです。
球の出どころが見えにくいフォームから最速147km/hのストレートを投げます。
変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップなど。
憧れの投手は日本ハム・金子弌大投手。
50m6秒1。

まとめ

中村投手は
「めげない気持ちが自分の売り。ピンチになればなるほど楽しいです」
と言っているようにマウンド度胸抜群のピッチャーです。
プロではリリーフタイプかも知れませんね。
中継ぎとしてなら、プロでも早い時期から一軍で活躍できそう気がします。