アーカイブ:2018年 2月

  1. 2018年シーズンから、ベガルタ仙台でプレーするジャーメイン良選手。 ジャーメイン選手は、50メートル6秒0の俊足を武器に、大学サッカー屈指のストライカーとして名を馳せてきました。 すでに昨シーズン、特別指定選手としてJリーグデビュ…

  2. 首都大学野球で、ここ4季、リーグ優勝から遠ざかっている東海大学。 2018年のドラフトで1位候補にも挙げられる、青島凌也投手に注目が集まっています。 青島投手についてはこちら→青島凌也(東海大)ドラフトは中日?ドラ1候補の評価は? …

  3. 横浜DeNAのドラフト5位ルーキー・櫻井周斗投手。 日大三高時代から、脅威の切れ味を持つスライダーを武器に、三振を獲りまくっていたサウスポーです。 また、ピッチャーながらバッティングも得意で、高校日本代表では、クリーンナップを打った…

  4. 2月25日に行われた東京マラソンで、設楽悠太選手が、日本新記録となる2時間6分11秒をマークしました。 日本新記録ということで、実業団マラソン特別強化プロジェクトからなんと、1億円の報奨金が贈られるそうです! いや~凄い金額ですね。…

  5. サッカーの名門・東福岡高校からガンバ大阪に、今年入団した福田湧矢選手。 評価急上昇中で、高卒1年目からスタメン出場があるのでは? と言われています。 早速、ガンバ大阪期待のルーキー・福田選手について調べてみました。  …

  6. 選抜大会注目のサウスポー、慶應義塾の生井惇己投手。 選抜に出場する左腕としては最速の、145km/hを記録している本格派です。 2年秋の大会で、奪三振率10.1を記録しており、甲子園の舞台でも多くの三振を奪ってくれるのではないかと、…

  7. 北海道日本ハムファイターズの松本剛選手。 アマチュア時代は輝かしい成績を残していましたが、プロでは伸び悩んでいました。 しかし、入団6年目の昨年にようやくブレイク! 日本代表に選ばれるまでに成長しています。 2018年シーズ…

  8. 今シーズン、最下位脱出、そしてAクラス入りを目指す東京ヤクルト。 投手陣に不安が残るものの、打撃陣に関してはかなりものがあります。 メジャーから帰ってきた青木宣親選手の加入や、山田哲人選手の復調など、強力打線が組めそうな予感です。 …

  9. DeNA・2016年ドラフト4位の京山将弥投手。 高校時代には、「滋賀県の最高傑作」とまで言われたピッチャーです。 将来のローテ候補として、2年目の飛躍が期待されます。 名前:京山将弥(きょうやま …

  10. 今一番注目されている若手ゴールキーパーが、モンテディオ山形の摂津颯登選手です。 しかし、実はまだJリーグの試合に出場したことはありません。 それなのになぜこんなに注目されているか? それは、摂津選手がJリーグ歴代屈指のイケメンだ…

RETURN TOP

アーカイブ