カテゴリー:社会人野球

  1. 「高卒社会人」出身のプロ野球選手は、最短でプロ入りすれば、「大卒」や「大卒社会人」出身の選手より、若くして活躍できる可能性があるのが魅力です。 また、「高卒」の選手よりは、社会人を経験しているだけ、考え方がしっかりしている選手が多いと言…

  2. 谷田成吾選手が、2年間プレーした社会人野球のJX-ENEOSを退社し、メジャーリーグに挑戦! ※2018年4月30日追記 四国アイランドリーグplus徳島インディゴソックス入り 高校時代には、名門・慶応義塾高校で、1年春から4番を務…

  3. 今年、三菱自動車岡崎からプロ入りを目指す、山野辺翔選手。 プロのスカウトから、 「右打ちの茂木(楽天)」 と評されているバットマンです。 170cmと小柄ですが、力強いスイングで左右に長打を放っています。 セカンドが手薄…

  4. 2018年ドラフト候補・ホンダの松田進選手。 アメリカ生まれで、187cmの恵まれた体格を攻守に生かしたプレーが持ち味の大型ショートです。 大学時代には指名漏れを経験していますが、社会人で成長。 今年のプロ入りを目指しています。…

  5. 大学4年生、それも秋のリーグ戦で能力を開花させ、タイトルも獲得した、東京ガスの木村光彦投手。 球速こそ142km/hほどで派手さはありませんが、精度の高い変化球を投げ、安定したピッチングを披露する好投手です。 今秋のドラフト候補とし…

  6. 2017年の都市対抗野球で優勝した、社会人の強豪・NTT東日本で、入社1年目から先発を任されている堀誠投手。 身長186cmの長身から、角度あるボールを投げる本格派のピッチャーです。 2018年のドラフトでは、上位指名が予想されてい…

  7. 仙台大学時代、仙台六大学リーグの通算安打記録を塗り替えるなどし、ドラフト候補にも名が挙げられた松本桃太郎選手。 まさかの指名漏れを受け、現在はHonda鈴鹿でプレーしています。 2018年は再び、プロ入りをかけた1年になりそうです。…

  8. 三菱重工名古屋の高卒社会人3年目、勝野昌慶投手。 2017年のオフには、JABA選抜(社会人代表)にも選ばれ、台湾で行われたウィンターリーグにも参戦しました。 JABA選抜は、今年開催される「第18回アジア競技大会(ジャカルタ・パ…

  9. 2018年のドラフト候補のトヨタ自動車のサウスポー・富山凌雅投手。 九州国際大付高校時代も、甲子園に出場し、14人兄弟として話題になりました。 高卒社会人なので、まだ二十歳と若いのも魅力。 そんな富山投手について調べてみました…

  10. 2018年ドラフトでは、高校生や大学生に素晴らしい選手がいます。 ですが、もちろん社会人にもすばらしい選手はいて、その1人が、パナソニックの吉川峻平投手です。 最速148km/hのストレートとシンカーが武器の吉川投手。 即戦力のピ…

RETURN TOP

アーカイブ