吉住晴斗(鶴岡東→ソフトバンク)出身中学は?ドラ1位の球速や身長も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2017年ソフトバンク1位!
その他のドラフト指名選手はこちらに→2017年ドラフト指名選手一覧

2017年ドラフトの最大のサプライズは、ソフトバンクのドラフト1位が吉住晴斗投手だったこと、と言ったら吉住投手に失礼でしょうか?
でも、吉住投手本人も「ソフトバンクの1位は誰かな」と思いながら、テレビ中継を見ていたら、
「(自分の)名前が呼ばれて、固まってしまった」
と話すように、もしかしたら一番驚いたのは、吉住投手本人かもしれませんね。

山形県出身では、初の高校生のドラフト1位となった吉住晴斗投手とは、どんな投手なのかについて調べてみました。

 

名前:吉住晴斗(よしずみ はると)
生年月日:2000年3月12日
出身:山形県鶴岡市
身長:185cm
体重:85kg
投打:右投げ右打ち
経歴:鶴岡市立鶴岡第二中学校→鶴岡東高校

 

吉住投手は、中学生の頃は学校の軟式野球部でプレーしていました。

高校は、地元の鶴岡東高校に進学。
1年秋から控えとしてベンチ入りしています。
2年夏には「背番号11」ながらも、チームで一番イニングを多く投げて、山形県大会優勝に貢献します。
続く甲子園では、初戦のいなべ総合との試合で、リリーフとして登板。
投げたのは、1イニングだけでしたが、三者凡退に抑え、球速も141km/hを記録するなど存在感を示していました。
再び甲子園出場を目指した3年夏の県大会は、3回戦で敗退してしまいました

スポンサードリンク

○吉住投手の特徴
吉住投手の最大の武器は、185cmの長身から放たれる最速149km/hのストレートです。
このストレートは、2年生の春に
「三振を狙ってとれるようになりたい」
と阪神の藤川球児投手をマネて改良したものだそうです。
それまでは、人さし指と中指を指1本分開けて握っていましたが、藤川投手の握りを参考にして、2本の指をそろえて投げるようにしたら、球速がアップしたそうです。

 

○ソフトバンクのスカウトの評価
「体の線が細く今年の高校生の中でも伸び代が一番ある投手。身体が出来たら球速はあと10km/hは上がる。球筋は現時点で驚くほど鋭い球を投げる。イメージは(ホークスの)岩嵜。岩嵜を超えるような素材」
吉住投手の現在の最速が149km/hですから、あと10km/hもアップしたら、160 km/h近くまで投げられるようになるということでしょうか?
12球団一と言われるホークスの育成力でしたら、それもありえそうな気がしますね。

 

福岡では、“よしずみ”と言う名前を聞くと「アサデス九州山口」に出ている石原良純さんを思い浮かべる人が多い土地柄です。
将来は、“よしずみ”と聞いたら、誰もが真っ先にホークスの吉住晴斗投手を思い浮かべるような選手になってほしいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ