東晃平(神戸弘陵)ドラフト評価!父の肩甲骨ストレッチとは?中学も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2017年オリックス育成2位!

その他のドラフト指名選手はこちらに→2017年ドラフト指名選手一覧

今年の兵庫県の高校3年生には、西垣雅矢(報徳学園)、黒田倭人(神戸国際大付)、村上大芽(津名)、山本拓実(市西宮)、翁田大勢(西脇工)と、プロ注目の好投手がたくさんいました。
※山本拓実投手と翁田大勢投手がプロ志望届を提出
山本拓実投手についてはこちらを→山本拓実(市西宮)ドラフトは?

 

その中でも一番注目なのが、神戸弘陵の東晃平投手です。
甲子園出場経験がなく、全国的には無名ながらも、しなやかなフォームから投げる最速145km/hのストレートは一級品です!

 

名前:東晃平(あずま こうへい)
生年月日:1999年12月14日
出身地:兵庫県小野市
身長:178cm
体重:71kg
投打:右投げ右打ち
経歴:小野小学校→小野中学校→神戸弘陵

 

東選手は、小学2年生から投手兼ショートとして野球を始めました。
中学では、最初「神戸美蹴館ロケッツ」でプレーし、1年生の春に全国大会にも出場しています。
しかし、その後「神戸美蹴館ロケッツ」を退団し、2年生の夏から小野中学の軟式野球部に入部しました。

 

中学卒業後は、神戸弘陵に進学。
1年秋から背番号10でベンチ入り。
2年春の県大会からエースとなります。
東投手が3年生になる今年は、甲子園出場が期待されていましたが、4月末に椎間板骨折を発症して2ヵ月離脱してしまいます。

夏の兵庫県大会では、

「中盤から腰の張りとか腕のだるさが出て、思ったように投げられなかった」

と投げ込み不足、スタミナ不足が響き、4回戦で敗退してしまいました。

スポンサードリンク

○しなやかで柔らかいフォーム
東投手の最大の特長は、肘を柔らかく使った、力感の無い投球フォームです。
子供の頃から一度もフォームを修正されたことがないという東投手の投球フォームは誰にも真似できるものではありません。

 

○肩甲骨ストレッチ
投球フォームを支えているのが、幼稚園のときから父・博文さんと行っていた肩甲骨のストレッチです。
最初の頃は、熱血漢の父による強制でしたが、徐々に習慣となっていきました。

日本ハムの大谷翔平投手や西武の菊池雄星投手も、高校時代にやっていたという肩甲骨のストレッチ。
やはり投手にとって、肩甲骨の柔軟性は大切なんですね。
また、それを子供の頃からやらせていた東投手の父もなかなか先見の明がありますね。

 

○スカウトの評価
巨人・益田スカウト
「力感がないのが魅力。オリックス・金子、楽天・岸のようになる可能性がある」

広島・鞘師智也スカウト
「球の質とフォームの柔らかさに将来性を感じる」

ヤクルト・阿部スカウト
「指先が起用。将来性を感じる」

 

「小さいときは阪神ファンでしたが、憧れはダルビッシュ投手です」

と話す東投手。
果たして、どのチームが指名するのでしょうか?
せっかく天性のきれいなフォームをしている東投手ですので、できれば、コーチが変にフォームをいじらないチームに入団してほしいものです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ