高橋礼(専大)ドラフト評価は?球速や身長は?出身中学高校も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2017年ソフトバンク2位!

その他のドラフト指名選手はこちらに→2017年ドラフト指名選手一覧

今秋のドラフトでヤクルト、阪神、日本ハムからリストアップされている専修大学の高橋礼投手。

高橋投手は、187cmの長身を活かしたオーバースローからの角度ある投球が持ち味……と思いきや、その真逆。
大きな体を折りたたみ、地面スレスレからボールを投げるアンダースローの投手です。

アンダースローは背の低い投手がするイメージがあり、高橋投手のように180cm後半もある投手がアンダースローと言うのは、かなり珍しいのではないでしょうか。

 

名前:高橋礼(たかはし れい)
生年月日:1995年11月2日
出身:千葉県松戸市
身長:187cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
家族:両親と姉
趣味:音楽鑑賞
好きな言葉:来世邂逅
経歴:松戸市立八ヶ崎第二小学校→松戸市立第三中学校→専修大学松戸高校→専修大学

 

高橋投手は、小学1年生の時に両親の影響で「松戸ボーイズ」で野球を始めました。
中学時代は、「流山ボーイズ」でプレー。
中学3年の春、チームのコーチをしていた新佐古剛人さんに勧められ、オーバースローからアンダースローに転向します。

 

高校は地元の専大松戸に進学。
専大松戸は、名将・持丸 修一監督の指導のもと、近年、優秀な投手を輩出している高校です。

高橋投手の2学年上には日本ハムの上沢直之投手、2学年下には千葉ロッテの原嵩投手がプロ入りしています。
高橋投手も持丸監督には、クイック、けん制、フィルディングなど投手として必要な技術を仕込んでもらい、これは現在でも役に立っていると言います。

高校では1年秋から背番号18でベンチ入り。
3年春からエースとなり、春の関東大会でベスト4進出に大きく貢献しました。
3年夏の県大会では4試合連続完封するなど絶好調でしたが、準決勝戦・木更津総合戦では、延長13回に押し出し四球を出し、サヨナラ負けで甲子園出場はなりませんでした。

 

高校卒業後は、専修大学に進学。
1年秋から2部リーグに出場しました。
2年春から1部リーグに昇格すると、同春に優勝を経験。
2年時には大学日本代表に入り、ユニバーシアード大会にも出場しています。
ただ、3年春から調子を崩し、3年秋、4年春と0勝に終わってしまいました。
しかし4年秋シーズンは、まだ途中ですが、4勝と復活
ドラフト前に評価は再び急上昇です。

スポンサードリンク

○アンダースローから最速141km/h
高校時代の高橋投手の最速は128km/hでしたが、大学に入って下半身を鍛え直した結果、ストレートの球速が140km/hを超えるまでに大成長!

サイド気味のアンダースローの投手には、140km/hを超える投手もたまにいますが、高橋投手のように純粋なアンダースローで、140km/hを超えるのはかなりすごいことです。

参考までに有名なアンダースローの投手の球速を上げると、

牧田和久(西武) 最速137km/h、平均球速約128km/h
渡辺俊介(元ロッテ)最速132km/h、平均球速約120km/h

アンダースローの体感速度は、オーバースローに比べて、プラス20km/hぐらいのという意見もあります。
だとすると、高橋投手の球速は160km/hオーバーの大谷級!? ということになりますね。

 

○スカウトの評価
ヤクルト・橿渕スカウト部デスク
「ウチは宮本(賢治)、高津(臣吾)と東部出身で活躍したアンダースローがいる。調子が戻ってきたし、楽しみ」

阪神・吉野スカウト
「バットが届くコースで勝負はできていた。あとは体力の部分」

日本ハム・幹部
「いい投手」

 

高橋礼投手は、高身長で、アンダースローで、140km/hのストレートを投げるなど、プロでも似た選手がいないオンリー1な個性派ピッチャーです。
プロに入っても、他の人が真似できないオンリー1な特長を生かし、活躍してほしいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ