石川翔(青藍泰斗)中日ドラフト1?ハーフ?球速は?怪我が不安!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2017年中日2位!

その他のドラフト指名選手はこちらに→2017年ドラフト指名選手一覧

2017年の高校生のナンバー1投手といわれているのが、青藍泰斗の石川翔投手です。

今夏の栃木県大会では、準決勝で作新学院に敗れ、甲子園出場はなりませんでしたが、最速151km/hのストレートで、スカウトたちの注目を集めていました。

今年の高校生ピッチャーでは、唯一のドラフト1位候補に挙げられている石川翔投手について調べてみました。

名前:石川翔(いしかわ しょう)
生年月日:1999年12月14日
出身:東京都板橋区
身長:179cm
体重:82kg
投打:右投げ左打ち
家族:両親、姉、弟、妹
憧れの選手:千賀滉大(ソフトバンク)
経歴 北野小学校→赤塚一中学校→青藍泰斗高校

 

石川投手は、小学2年生の時から「東板橋リトル」で野球を始めます。
最初は外野手としてプレーしていましたが、5年生から投手になりました

赤塚一中学時代は、「板橋シニア」に所属し、外野手兼投手。
主に8番・センターで、投手としては2、3番手でした。

高校は、親元を離れ、栃木県の青藍泰斗高校へ進学。
中学時代は最速137km/h出していましたが、コントロールが悪く、高校入学後は主に外野手としてプレーしたいました。
2年春からセンターでレギュラーを勝ち取り、3年生が抜けた2年秋から再び投手となり、エースとして活躍しています。
しかし栃木県には作新学院という強豪校がいたために、3年間で甲子園出場はありません。

スポンサードリンク

○ハーフ
石川投手は、日本人の父親とフィリピン人の母親の間に生まれました。
現在のプロ野球界にも、日本人とフィリピン人のハーフの選手としては、DeNAのクローザー・山崎康晃投手、中日の小川龍也投手、巨人の戸根千明投手がいます。
偶然でしょうが、いずれも投手ばかりですね。

 

○怪我
石川投手の唯一の不安は怪我が多いことです。
高校1年の秋には左ヒザの半月板を手術し、高校3年春には股関節痛と右肩痛に見舞われ、高校3年夏にも右足首のねんざを経験しています。
高校生ぐらいで石川投手にように投球フォームが無駄なくきれいだと、ついつい自分の体格以上のスピードが出てしまい、その結果、体に負担がかかって怪我がちになってしまうことはよくあることです。

 

○スカウトの評価
楽天・長島哲郎スカウト部長
「素材的には文句なし。全国を見て回った中で、左腕を入れても全国トップレベルの評価」

日本ハム・山田スカウト顧問
「球が速くばらつかない。平均で140キロ台中盤はいない」

中日・中田スカウト部長
「柔らかさと強さ、投手に必要なものはすべてある。今年の高校生の投手ではトップクラスではなく、トットップと言ってもいい」
「フォーム的には非の打ちどころがない。1位の12人に入るのは間違いない」

ソフトバンク・小川編成育成部長兼スカウト室長
「体の強さを感じる投手。これだけ強いボールがある。ポテンシャルを持っている」

 

将来は「最終的には日本を背負える投手になりたい」という石川翔投手。
中日が高く評価しているという情報もあります。
でも、球は速くてもまだ体ができていなくて、怪我がちな投手なので、ソフトバンクのようなじっくり体力作りから育ててくれるチームに入った方が、大成できる可能性は高いのではないか、と思います。
果たして、どのチームに入るのか。
今から楽しみです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ